【事務所通信バックナンバー】

2011年をふりかえって

 本年も様々なご厚情を賜りましてまことにありがとうございました。

 2011年は誰にとってみても本当に大変な一年でした。この年末にいたっても多くの社会問題が山積みのまま残され、解決策を模索する重い日々が続きます。

 私は、今年のノーベル文学賞を受賞した、スウェーデンの詩人、トーマス・トランストロンメル(1931〜)という人の詩集を読んでみました。『悲しみのゴンドラ』という題です。優れた絵画性と音楽性により、45カ国語を超える地域の人々を魅了している詩人ということです。氏は1990年秋重い脳卒中に倒れ、言葉を失い、右半身不随となってしまいましたが、1996年には病を押し、『悲しみのゴンドラ』を刊行。

 突如沈黙に投げ込まれた詩人の閉鎖、苦悩と悲しみの基調に加え、劇的な内容を作ったが、新刊はその後八年間の病詩人の、日々の渾身の努力の結晶、宝石にまさる小誌集といえよう。ここには現在を静かに受けとめ、感謝に似た明るく肯定的な生命観があり、感傷も諦観も無縁。身辺のユーモアや社会批判さえ混じる。(中略)散見する死や神秘のモティーフはこの詩人の詩想に絶えず流れ続けてきたものである。

『悲しみのゴンドラ 増補版』
T・トランストロンメル/思潮社
解説 エイコ・デューク(訳者)より引用

 また俳句詩を詠んでいる氏は正岡子規のことを「死の板にいのちのチョークで書く詩人」と評したということです。『悲しみのゴンドラ 増補版 栞』には黒田杏子氏による次のような文があります。

 子規は二〇一一年のことし、没後百十年。(中略)生涯に二万四千句を詠み、三十五歳でこの世を発った子規は百年前、明治二十九年の三陸沖地震と津波の折りには病床にあった。画家の中村不折ほかのメンバーを特派員として現地に派遣、臨場感あふれる被災地での不折のスケッチなどをもとに

 皐月寒し生き残りたるも涙にて 子規

の一句を新聞「日本」に発表してもいる。

 もとより俳句は日本の国民文芸。日本では老若男女あらゆる人々が日々句を詠み記している。

 芭蕉、千代女、子規そしてトーマス・トランストロンメル氏に共通しているもの。それは限られた時間をこの世に生きて在る人間としての、生きとし生けるものへのいとおしみ。自然と人間とのたましいの響き合い、共振ではないか。

 俳句という世界最短の詩型が人間にもたらしてくれる恵みは無限無際であり、俳句という詩にとって、すでに国境は消失して久しいのだとの事実をこのたびあらためてしみじみと実感、確認するばかりである。

『悲しみのゴンドラ 増補版 栞』黒田杏子
T・トランストロンメル「俳句詩」との出合いより引用
地の底深く
すべり動くわたしの魂
彗星のように音もなく
(T・トランストロンメル作)

 『悲しみのゴンドラ 増補版』栞  トランストロンメル俳句 齋藤愼爾より引用

 東日本大震災、原子力事故、アラブの春、欧州債務問題、タイ洪水など世界各地の災害や事変等で、2011年はわけても大変な年になりました。苦しい中でも自分の内面を見つめ、立ち位置をしっかり見極め前進していくことが必要と考えさせられました。税務会計という仕事を通じて、皆様の日常の基盤がゆるぎないものになることを目指して、来年も頑張りたいと思っております。本年賜りましたご厚情に深謝し、迎えくる年もどうぞよろしくお願いいたします。

(2011/12/20・荻原幸子)