【事務所通信バックナンバー】

サウダーヂ

 11月20日、岡島ローヤル会館に足を運びました。10月23日、11月19日、11月20日の3日間に渡って行われた山梨映画祭のプログラムの一つ、“サウダーヂ”を観るためです。この山梨映画祭は、今年で7回目を数えるイベントのようですが、私はこれまで知らずにおりました。一方“サウダーヂ”という映画のことは既に知っており、興味も持っていたのですが、調べてみると上映されているのが渋谷の映画館のみだったので、いつ観に行こうかと機会を伺っていたところでした。そこへ仕事の移動の車中で、ラジオを聴いていたところ、山梨映画祭の情報が流れてきました。その中で“サウダーヂ”も上映されるとのこと。県内での上映の機会は少ないだろうと思い、行ってみることにしました。

 このサウダーヂという映画は、甲府の街を舞台にしており、実際に甲府の街で撮影されています。甲府市出身の富田克也監督の描く地方都市―甲府。空洞化していく中心街、土木建設業の不振、まだらのように存在する移民コミュニティ、そういった甲府の現在の情景を荒々しく描き出しています。出演者にプロの役者は少なく、富田監督の旧友や県内在住の方が中心となっており、実際に土木業にも従事する主演の方の談によれば、この映画制作の話を監督に持ちかけられたとき、「自分も含めた現実の状況が余りにもキツすぎて、映画にするのはツライ」と思ったとか。確かに展開されていくストーリーは、見慣れた街の風景の中で描かれていることも相まって、映画が映し出されるスクリーンの中と現実が地続きであると錯覚してしまいそうな生々しさを帯びていました。

 これからご覧になる方もいらっしゃるでしょうから、内容についてはこれ以上詳しく書きませんが、この映画で描かれる人々、それを取り巻く状況は、決して作品としてきれいに織り上げられてはいません。むしろそれぞれの糸が時折絡まる様子さえそのままに描かれています。折しも今日(11月22日)の山日新聞には、峡東地区の談合問題の記事が掲載されていました。業者の指名停止処分の期間について、当初の1年〜1年3ヶ月を11月いっぱいで打ち切り、7ヶ月間に短縮する方向で検討が進んでいるとのこと。ルールの徹底か、地域経済の救済か、一筋縄ではいかない賛否の分かれるところでしょう。私が当事務所に入った頃は、まだバブルの名残もあり「節税」という話が盛んに出ていました。それがこの十数年ですっかり様変わりし、「いかに黒字化するか」さらには「いかに事業を継続するか」という所にまでシフトしてきています。富田監督の切り取った甲府界隈の情景は、確かに今もこうして進行しています。

 “サウダーヂ”はポルトガル語で、郷愁、思慕、憧憬といった意味合いを含む言葉だそうです。私も40年近くをこの山梨で過ごして、ようやくここ数年で地域に生きることの意味に思いを馳せられるようになりました。この“サウダーヂ”、これもまた甲府の一つの現状ではありますが、皮肉にも当地甲府では上映できる映画館が無いのだそうです。それでも県内ではテアトル石和にて、来年2012年2月11日よりロードショー上映が決定したようです。私も改めて観に行きたいと思っています。皆様も一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2011/11/22・相原愛紀)