【事務所通信バックナンバー】

春の日

 日により、寒さ暖かさの入り交じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申し上げております。

 小春日和とは、今のような穏やかな暖かい春のような気候をいうのでしょうか。秋の陽の光もことさらやさしく感じられます。

いにしへの日は

いにしへの日はなつかしや
すがの根のながき春日を
野にいでてげんげつませし
ははそはの母もその子も
そこばくの夢をゆめみし
ひとの世の暮るるにはやく
もろともにけふの日はかく
つつましく膝をならべて
あともなき夢のうつつを
うつうつとかたるにあかぬ
春の日をひと日旅ゆき
ゆくりなき汽車のまどべゆ
そこここにもゆるげんげ田
くれなゐのいろをあはれと
眼にむかへことにはいへど
もろともにいざおりたちて
その花をつままくときは
とことはにすぎさりにけり

ははそはのははもそのこも
はるののにあそぶあそびを
ふたたびはせず


三好達治『花筐』所収 三好達治詩集 新潮文庫より引用

  春のとある情景。私は、この詩を読んでとても感動しました。自分の子供時代、そして自身母となっての子育て時代の思い出、懐かしさを持ってこの詩を読みました。「ひとの世の暮るるにはやく」/「とことはにすぎさりにけり」―時は、本当に早く過ぎ去ってしまいます。 もっとこうすればよかった、ああすればよかったなどと思いはとどめなく湧いてきます。子育て中はまさに無我夢中という感じですが、夕暮れ時に子供をおんぶしたり手に引いたりして家の近くを歩いていた時、近所の方が「今を大事にね」と励ましの言葉をかけてくださったことを思い起こします。

 この詩に感動して数年間、読後感を共有したいと思い、誰に話そうか、と考え続けてきましたが、この『NETWORK』を読んでくださる、お仕事と子育てを両立して頑張っている若い世代の方に「頑張って!」と声援を込めて贈りたいと思い記事として載せさせていただくことにしました。また、長く家族のため事業所のためにと頑張って経理を進めてきてくださった方々に。そして子供のころの記憶をたどれば、男女の区別もなく、皆に共感される美しい詩だと思っています。

 これから冬の寒さに向かうまでの天から与えられたつかの間の穏やかな日々。本当の春の情景を思い起こして、この記事を書かせていただきました。

(2011/11/22・荻原幸子)