【事務所通信バックナンバー】

『教えて税理士さん』

 先日の「相続税対策セミナー」におきましては、大勢の方にご参加いただき、誠に有り難うございました。当事務所に講師及び個別相談をご依頼いただきました山梨市商工会様にも改めて感謝申し上げます。

 ご商売をされていたり、相続や贈与があったりすると、我々税理士に関わる場面も多々あろうかと思いますが、いわゆる給与所得のみのサラリーマンと言われる方は、年末調整で全て税金関係の処理が完了してしまいます。実質的な税金の計算や申告というのは、お勤めの事業所が代わってやってくれますので、ご自分の税金がどうやって計算されているか、納税額はいくらか、ほとんどご存じないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 昨今では税金について、一般に広く理解を浸透させるため、税理士が行う「租税教室」なる教育プログラムがあります。確定申告の時期に限らず無料相談会も各地で行われています。この度当事務所で講師を担当させていただいたセミナーのような催しも、各事務所で個別に企画しているものから、TKC経営革新セミナーのように全国的に展開しているものまで様々に開かれています。そんな中で注目していただきたいのが、『教えて税理士さん』というラジオ番組です。東京地方税理士会の企画のようですが、先陣を切っているのは、神奈川県会の番組。月曜日から金曜日の12時35分よりFM戸塚(83.7MHz)で放送されており、ポッドキャスト(インターネットラジオ)版のバックナンバーを見ると、平成21年7月頃から番組があるようです。続いてFM横浜(84.7MHz)では今年の7月に第1回が始まっており、こちらは毎週火曜日11時20分より、そしてここ山梨でもこの10月からFM富士(78.6,83.0MHz)で放送が開始されました。毎週火曜日11時47分より10分程度の番組です。11日の第1回と18日の第2回は既に東京地方税理士会のウェブサイトにバックナンバーが掲載されており、パソコン等で聴くことが出来ます。

 これらの番組は、同じ内容のものをそれぞれのFM局で放送しているわけではなく、番組は個別に作られており、FM戸塚の番組はコミュニティFM局らしく親しみやすく砕けた内容のフリートークも放送されています。地元FM富士の第1回は、税理士がどんな仕事をしているのかを紹介する内容です。税理士が作る組織―税理士会は公益的な組織であるとして、その中の東京地方税理士協同組合が来年で設立50周年を迎えるに当たっての記念事業としてこの番組を立ち上げたとのことです。第2回は、メタボ検診を受けた場合の医療費控除について。仕事場でラジオをお聞きになっている方も多いと思いますが、火曜日のお昼前にはFM富士にチューニングを合わせて耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

 税理士と納税者は、顧問契約を結んで、あるいは税務申告の事案が出来て初めてお付き合いするものというのが以前の感覚でした。今後は納税者の皆様にとってより身近な存在になれるよう、こういった広報活動・啓蒙活動にも力を注いでいくことが必要であると感じます。この度の相続税対策セミナーでは、山梨市商工会様の主催ということもあって、近隣地域の方に大勢おいでいただきました。通常業務に邁進すると同時に、こうした機会を得たことで、いつもとは少し違った形で自分たちの仕事を見直す良いきっかけになったと思います。私達も「教えて!税理士さん」と、頼られる存在になるべく研鑽を積んで参ります。今後も叱咤激励の程、よろしくお願い申し上げます。

〈参考〉
 ■東京地方税理士会Web放送局  
(2011/10/19・相原愛紀)