【事務所通信バックナンバー】

難題積もりて山となる

 猛暑の九月から一変、たいへん過ごしやすい毎日ですが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。秋の空の美しさが身に沁みます。運動会の花火や音楽が聞こえてきて、とても活気のある十月となりました。

 この一年心に残った新聞記事からの引用で、文章を書かせていただきました。折しも10月15日から21日まで「新聞週間」ということで、多くの記事が組まれています。10月17日の山梨日日新聞には、『ニュースが届ける温かい気持ち』という見出しで、30代、40代の各界で活躍する人々の文章が掲載されています。どの人もネットにはない新聞のよさを綴っています。

 その中で、詩人の和合亮一さん(1968年生まれ、福島市出身、第4回中原中也賞などを受賞した現代詩の旗手)は

 新聞を「一日一日を記した大きな書物」と例え、「ネットではなく、新聞というモノと向き合いながら考えることは大切な営みだ」(中略)

 さらに、新聞に二つのことを求める。まず、情報の網からこぼれ落ちそうな現実を記録すること。(中略)

 そして、ツイッターのような登録者間の交流にとどまらない、新聞の裾野の広がりを生かしてほしい。

と語っています。改めて新聞の良さやその使命を実感するところです。また私も折にふれ、心に残った新聞記事を引用させていただきたいと思っています。昨年の秋より、新聞記事をテーマに書き始めたところ、「こんな記事があったよ」などと自分の家で購読していない社の新聞を見せていただく機会もふえました。そしてあるところで、新聞記者の方にお会いし、お話をお聞きできたのもたいへんよい思い出になりました。

 二十四節気の歳時記をたどった一昨年。季節に添って自然に生きるということが少し身についたように感じました。このように少しずつ自分の世界が広がっていくのもこの事務所通信に記事を書くという自分にとっての「難題!」あってこそと感じています。いつもおつきあいくださいまして、まことにありがとうございます。

 次月からまた新しいテーマを予定しています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(2011/10/19・荻原幸子)