【事務所通信バックナンバー】

月夜

 今年の十五夜は六年ぶりの満月だったそうですが、いつも雨がちな九月のお月見に、今年は本当に美しい満月をみることができました。残暑厳しき九月も少しずつ秋らしくなってきました。台風の災害のないことを祈るばかりです。

 私は、最近柳田邦男著『僕は9歳のときから死と向き合ってきた』を読み始めました。―死を考えることは、生きることを考えること。著者が半世紀をかけて見つめ綴ってきた「生と死」、その集大成―と新聞の書籍欄にあったのに惹かれたのが読み始めたきっかけです。

 作者は、ジャーナリストとして、原爆、地震・台風・集中豪雨、がん医学、航空機事故、など、自分が半世紀かけて取り組んできた「現代におけるいのちの危機」というテーマが、今こそ“時代のテーマ”になったと強く感じている、ということです。

 その中に「赤ん坊の死に涙して」 という章があります。著者は、高校一年の冬に中原中也のこの詩に出会ったというのです。

月夜の浜辺
 月夜の晩に、ボタンが一つ
 波打際に、落ちてゐた。
 (中略)
 それを拾って、役立てようと
 僕は思つたわけでもないが
  月に向かつてそれは抛れず
  波に向かつてそれは抛れず
 僕はそれを、袂に入れた。
 (後略)
 中原中也第二詩集『在りし日の歌』所収

 昭和十一年十一月中原中也は、長男・文也の急逝にあい、この詩を詠んだということで、「切々たる追悼と悲嘆の歌になっている」とあります。著者もこの詩を読む少し前に「長姉の赤ん坊の死にあっていて、この詩に同一化し、涙が流れるのをおさえられなくなった、」とあります。

 それだけに『在りし日の歌』を読み進むうちに、少年だった私の感情は中也の心境に同一化し、「月夜の浜辺」に至るや、涙があふれるのを抑えられなくなっていた。何度繰り返して読んだだろうか。そしていつしか、詩の最後の二行、〈月夜の晩に、拾ったボタンは/どうしてそれが」、捨てられようか?〉は、わたしの人生の中で自分だけが密かに持つ大事なものを象徴するキーワードとなって、私の心の奥底に棲みついたのだった。

 私の意識のなかで、この言葉は、愛する者の喪失の場面だけでなく、自分自身の喪失すなわち死を目前にした時の「自らの生を支える大事なもの」という意味を加えて、光沢を増すようになったのだ。」

 こうした人々の「死ぬための生き方」の情景を目蓋にイメージする度に、私は、ああ、人は自分だけの色のボタン―〈月夜の晩に拾ったボタン〉とも言うべき捨てられないもの―をポケットから取り出して確認できた時、人生に納得し、死を受容できるに違いない、と思うようになったのだ。

『僕は9歳のときから死と向き合ってきた』/柳田邦男/新潮社
2011年8月30日発行 より抜粋引用

 私も美しい月を空に眺める度、さまざまなことを思い起こしてきましたが、今年のお月見は、人が生きること、そして死ぬことを考えてみました。私がこの詩に出会ったのは、19才くらいの時でしたが、この詩にそんな奥行きがあろうとは思ってもみませんでした。

 当事務所では、山梨市商工会様の主催によりまして、相続税をテーマにしたセミナーを開催する運びとなりました。開業以来多くの方の相続にかかわらせていただき、仕事をまとめさせていただくことができました。常にお亡くなりになった方のご冥福をお祈りし、残された方々の今後がよりよい形でご発展されますように、との祈りをこめて、あたらせていただきました。そしてまた今後もより一層の研鑽を積んでいきたいと思っております。そのような中で、山梨市商工会様よりこのようなテーマをいただきましたことは、たいへん光栄なことです。心から感謝申しあげますとともに、相続税改正による影響について皆様に知っていただく機会になればと思っております。長年のセミナー開催において周到な準備のもとわかりやすい講義で定評のあります相原が講師を担当させていただきます。また相談会は、長年資産税の研究に力を注いできた所長荻原が担当いたします。いつも「枯れ木も山の」のような私ですが、気持ちは熱く、セミナーの成功を心から祈っております。「時代のテーマ」として―死を考えることは生きることを考えること―にもつながっていくと思います。是非、おでかけください。

(2011/09/21・荻原幸子)