【事務所通信バックナンバー】

遺産分割は家族の終わりか始まりか

 開業以来当事務所は多くの相続の仕事に係わらせていただきました。その中には相続人が自分の権利を主張して分割にたどり着けないケースも散見しました。

 分割がスムーズに進み、これからの家族がいつまでも幸せに生活していけるようにと思わず手を合わせたくなるような事例もありました。

 家族の崩壊という問題がいわれるようになって久しい気がします。家族法は昔の家制度から始まり、そして近代法化しました。これは分割できないような事例に拍車をかける傾向となっているのではないかと思われます。

 来月の6日に事務所では山梨市商工会主催のセミナーにおいて相続税をテーマに講演させていただきます。当事務所の相原が講師になり、私が相談に当たります。

 昭和50年ちょうどバブルの真っ盛りのころの基礎控除と相続人比例控除の基準を今の基準に変えて、相続税を改正しようという案が平成23年の税制改正案として出ています。今と改正後の場合を比較しながらのその違いを話していきたいと思います。

 より多くの相続に関心ある方に参加してもらいたいと思います。

 また私は今まで多くの相続に携わらせていただいた経験から感謝とお礼の気持ちををこめて全力で相談の仕事に応じたいと思っています。

(2011/09/21・荻原秀樹)