【事務所通信バックナンバー】

アサヒ・キリン共同開発発表

ー資材調達も連携検討 国内効率化 海外投資拡大狙うー

 立秋も過ぎ、昼間の暑さの中にも、朝夕はどことなく秋らしさの感じられる今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情に心より感謝申し上げます。

 2011年7月1日付けの新聞に標記の見出しがあり、目を引きました。

 アサヒビールとキリンビールは、ビールなどの共同配送を8月末から始めると発表した。まず東京都の一部で手掛けて、順次対象地域を広げる。国内ビール市場が縮小する中、上位2社が初めて手を組み、共同で業務を効率化する。物流にとどまらず、資材の共同調達も検討する考え。成長余地の大きい海外市場への投資を増やすため、過当競争で利幅の薄い国内事業の利益率を高める狙いがある。

・工場から取引先への物流を中継している両社の配送拠点を相互に活用
・トラック数を減らして輸送距離も短くする。
→二酸化炭素排出量が3割減り、環境負担を軽減できる。

 10月末から神奈川県の一部に広げて、将来は関西などの共同配送も検討する。

 8月末からは茨城、埼玉、長野、静岡県の一部地域でビール瓶など空容器の卸からの回収にも共同で取り組む。

 ビール関連の業務用の機器やアルミ缶などの資材の規格を共通化したり共同で調達するなどの協力が予想される。

日本経済新聞 2011年7月1日(金曜日)より要約引用
 

 しのぎを削ってきた2社がこのような形で共同歩調をとっていくとは思いもよりませんでした。7月半ばに発表されたビール類の2011年上半期国内シェアでは、アサヒ37.8%、キリン36.1%と業況は肉薄しています。そして業界全体の出荷量は、前年同期比で3.5%減と2年連続過去最低を記録しているということです。東日本大震災による工場の被災、計画停電、缶資材不足による商品供給不足などの要因が重なっての結果だったということです。

 これまで激しくシェアを争ってきた上位2社が連携に踏み切ったことについて、キリンビールの岩佐英史副社長は「海外市場で通用する企業になるには、国内事業を筋肉質にする必要がある」と述べた。さらに東日本大震災で「こうした連携の重要性が一層、増している」と述べ、リスク対応力の強化にもつながるとの見方を示した。

 アサヒの本山副社長は、キリンとの共同配送が「他の食品メーカーを巻き込む転機になれば」と述べた。物流効率化にの取り組みに幅広い企業を呼び込む考えだ。内需の縮小に見舞われるのは、日本の消費関連企業に共通の課題だ。震災後の厳しい経営環境が続く中、大手企業同士の協力が加速する可能性は高い。

日本経済新聞 2011年7月1日(金曜日)より引用

 震災から5ヶ月が経過し、復興はなかなか進まない中、被災地の方々がたいへんな生活をしていらっしゃることに、日本中が心を痛めていると思います。お盆を一区切りとして気持ちの切り替えを、と報道のインタビューで語っていらっしゃる方はいても、悲しみの深い淵から抜け出せない心情にかえす言葉もありません。

 このような中、日本の企業が国内で協力して、海外へ強い体制で進出すること、これはグローバル化の中で、急務であるということがよく理解できました。そして企業ばかりではなく、国民の日常生活においても協力の心が芽生え、それが具体的行動に結びつけられていくことが多々あり、それは新しい時代の幕開けとなっています。

 『before 震災 after 震災』とでもいうほどに、価値観の変化が起こり、心情的によい方向に進んでいる日本。自分自身の日常の中にも協働の心を追求していきたいと思っています。

(2011/08/17・荻原幸子)