【事務所通信バックナンバー】

節電から環境整備への取り組みを

 先月号では節電の話題を採り上げました。その先月号の事務所通信をお届けした頃、6月下旬から記録的な暑さとなってきました。節電の機運の高まりもある中、今夏の厳しい暑さをどう乗り切るか、事業所やご家庭でそれぞれに思案されていることと思います。関与先の皆様の所へ伺いますと、照明の減灯やエアコンを控えて扇風機を使用されるなど、昨年とは明らかに違う様子が見て取れます。 当事務所では、昨夏に床の張り替えと電源・LANケーブルの整備、それに伴う模様替えを実施しました。その時の事は、『模様替えをきっかけに』と題して、2010年9月号に掲載しましたが、今回はそれ以来の事務所環境の整備や今後の予定なども含めて、考察してみたいと思います。

 私なりに気を付けているのは、パソコンの省電力機能を有効に使うということです。特に最近ではディスプレイの明るさを8段階中の3まで下げて使用しています。初めにこの設定をしたときは随分暗く感じましたが、しばらくするとこの明るさにも慣れ、部屋の明るさ自体が抑えめであれば、画面が多少暗くても気にならないことにも気付きました。関与先の皆様はご存じのことと思いますが、私はいつもノートパソコンを持ち歩いています。皆様の所に伺った際は、外部の電源を取らずにバッテリーだけで使うことも多いのですが、ディスプレイの明るさを落としたことで、丸一日持ち歩いても何とかバッテリーだけで保つくらいになり、かえって重宝しています。後で分かったのですが、ディスプレイの照明で使用している電力はノートパソコン全体の消費電力の中でも結構高い割合を占めているようで、照度を落とす設定はなかなか有効なようです。

 もう何年も前から、事務所ではデスクトップのパソコンを使わなくなり、サーバーを除いては全てノートパソコンになりました。ノートパソコンであれば、巡回監査先に持参できるというのが一番の理由ですが、夏場は落雷による停電も心配なため、バッテリーで動かせるノートパソコンは不意の電源断ということがないのも大きな利点です。仕事柄、常にパソコンを点けて使用している状態ですので、不意に電源が落ちてしまうと、それまでやっていた作業や作成していたデータが一瞬にして失われるというリスクがあります。その点、ノートパソコンならバッテリーの充電が切れるまでの間は作業を続けることができますので、安心感が違います。計画停電の際は、無理にパソコンを使った作業はしないようにしていましたが、それでもというときは作業を進められたのも助かりました。性能や拡張性の低さからノートパソコンを避ける方もいらっしゃいますが、節電の観点からは悪くない選択肢であると思います。

 エアコンは、今年最も人の意識が集中している電気製品だと思います。皆様の所に伺いましても、出来るだけ点けないか、扇風機との併用で冷房効率を上げる工夫をされている所が多いです。熱中症や仕事の効率というところも気に掛けなければいけない点ですので、節電に拘るあまり無理をしてもいけませんが、日差しを遮ったり、冷房を部分的に上手く効かせたりという工夫で最小限の使用に留めることはできそうです。これまでは冬場にしか使っていなかったサーキュレーターも引っ張り出してきて、エアコンの風向調節に使用しています。また、ここ数年でよく見かけるようになった緑のカーテンですが、当事務所でも窓際にゴーヤを植えてみました。併せて、かなり古くなって開け閉めに不自由していたブラインドを新しくすることにしました。

 この他、昨年の模様替えで座席などの配置がかなり変わったことで、人の居ない場所にも照明が当たったりしていて、ここは改善の余地を残しています。照明効率を上げる反射板や、LEDのデスクライト、充電式の扇風機など、この機に商魂逞しい商品も色々出てきているようですが、長い目で見ても何らかの利点があるものなら導入していきたいと思います。仕方なくやらされる節電ではなく、環境整備の取り組みとして、自社をより良くする活動に繋げていきたいものです。

(2011/07/20・相原愛紀)