【事務所通信バックナンバー】

7月の新聞記事より

 父の逝去に際しまして皆様からご心配いただきありがとうございました。いつも、仕事優先で頑張るように応援してくれた父の気持ちに添うように、これからも頑張りたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 日本経済新聞2011年7月17日付け社説に下記のような記事がありました。

「スマートフォンを上手に使おう」

 今年はIBMパソコンが登場してからちょうど30年だが、「パソコンの時代は終わった」とアップルのスティーブ・ジョブズ氏は指摘する。背景には膨大な情報をネット経由で提供できるクラウドコンピューティング技術の登場が見逃せない。

 クラウドとスマートフォンを使えば常に最新情報を持ち歩け、遠隔操作で情報を管理できる。東日本大震災での反省から、薬の処方箋をスマートフォンに登録しておく試みも始まった。これからは新しい通信技術を上手に安全に使う方策を社会全体で考えていく必要がある。(一部引用)

 また7月16日付けの新聞には

 KDDI(au)は8月末にも米マイクロソフトのスマートフォン(高機能携帯電話)向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズフォン7」を採用した新製品を発売する。

 インターネット経由で情報サービスを提供する「クラウドコンピューティング」を使い、写真や動画を保存してスマートフォンやパソコンに共有できる。個人だけでなく、文書保存など業務利用も見込む。アンドロイドが設計仕様が公開されているのに対し、ウィンドウズは非公開なため安全面で優位性があり、業務用の需要が見込める。また、パソコンとの親和性を売り物に法人向けなどへの販売を見込む。米IDCは同OSが2015年に21%とアンドロイドに次ぐシェアに拡大すると予測している。

日本経済新聞2011年7月16日(土) より要約引用

 これらの記事から、情報端末としての携帯電話の役割がいっそう高まることがよくわかります。現に企業などで社員全員にスマートフォンの使用を義務付けているといった話もメディアでとりあげられています。私たちは東日本大震災を経て、情報の大切さを痛感しました。そしてまた写真や文書などなくしてしまった思い出の数々がこうした形で安全に保存されていたらどんなによかったことかと考えます。

 私自身の現在使用している携帯電話は「800メガヘルツ帯」の周波数のもので、その「800メガヘルツ帯」は携帯電話や防災目的などの無線システムに細かく分かれて使われていて、周波数をより効率的に利用する目的で、“「区画整理」を行っており、このため、現在利用している周波数から新しい周波数への切替え作業を行っていて、2012年7月22日をもって利用できなくなるということです。地デジ難民ならぬ携帯難民にならないよう後継機を選ばなくてはなりません。あと一年の間には、従来の携帯電話やスマートフォン(高機能携帯電話)を巡っても様々な価値観のせめぎ合いが展開されることと思われます。「パソコンの時代は終わった」とアップルのスティーブ・ジョブズ氏の言葉を聞いてしまった今、スマートフォン(高機能携帯電話)に象徴される次の世代へ乗り出していかなくてはいけない波を感じます。さっと切り替えればいいわけですが、このように躊躇しているところに自分自身の限界を感じながらも、一年間ゆっくり考えたいと思っています。その一年後に自分がどんな携帯を持つこととなっているのか、自分のことながら予測のつかないときめきがあります。いずれにせよこういった情報端末を仕事面で役立たせることができるよう情報収集にあたっていきたいと思います。

(2011/07/20・荻原幸子)