【事務所通信バックナンバー】

父の新盆を迎えるにあたって

 5月13日に父は97歳で天寿を全うしました。大勢の弔問客に送られ遙か遠くに旅だちました。皆様たいへんお世話になりました。ありがとうございました。

 第二次大戦で満州の地か南方で露と消える運命にもかかわらず、ここまで生きながらえてきたのもいくつもの奇跡があったようです。

 戦争で生き残ったものの使命を果たすべく、仕事に、周りの人への思いやりに心血を注いできたものと思われます。

 現状改善の気持ちが強く、私たち家族を山梨市の今の住所に5年前連れ出してもっともっと仕事に励むようにと家族の先頭にたって考えてきました。

 七七日が終わり新盆を迎えるのですが、法要を重ねるごとに皆様に対してただ感謝感謝の気持ちでいっぱいになります。

 菩提寺である清白寺も一段と近い存在になりました。

 そんな心境となり、私はこの仕事を通して益々世の中に貢献したいと思っております。

(20111/07/20・荻原秀樹)