【事務所通信バックナンバー】

経営の用語―サマータイム

 本来、経営用語ではありませんので、違和感のあるタイトルですが、この状況下で企業経営に関わる方には、関心を寄せずにいられない言葉かもしれません。夏を控えて、節電の機運もいっそう高まりつつある昨今、独自にサマータイムを導入する企業も出てきていますが、本来の意味を今一度確認しておきましょう。

 サマータイム(夏時間)は、太陽が出ている明るい時間を有効活用する目的で、国や州といった単位で一斉に時間を繰り上げるものです。サマータイムが開始される前日は7時だった時間が、開始日以降は8時とみなされます。全国一斉に時計を1時間早める訳です。現在の日本では、省エネや節電といった意識で、一部の企業や自治体が導入していますが、アメリカなどではDaylight-Saving-Time(デイライト・セービング・タイム)と言われているところからしても、本来の目的は「明るい時間を大切に有効に使おう(=明るいうちに終業して家に帰ろう)」というところだと思います。賛否はありますが、日本で導入すれば、単に残業時間が長くなるだけでは、といった懸念も示されています。

 企業で独自に導入する場合は、社内においては部門間の調整や労働法にまつわる問題、社外においては取引先との営業時間との相違などに注意を払う必要があります。また、省エネ・節電を目的とするのか、電気使用量のピークシフトに配慮する目的なのかなど、単なる意識先行ではなく、サマータイムの実施が実体的にどういう効果と影響をもたらすかを、客観的に捉えることが重要です。

 企業活動においては電気の安定供給は、これまで特に頭を悩ませるような問題ではなかっただけに、皆様もこれからの時期をどう乗り切るか、思案されているところだと思います。「時間をずらす」という発想のみにとらわれず、安定した経営に繋がる策を練りたいものです。

(2011/06/22・相原愛紀)