【事務所通信バックナンバー】

朝日新聞『天声人語』

 本紙の川柳欄に、〈東北の桜それでも春を待ち〉があった。

 涙色の列島にも季節は巡り、暖地からはソメイヨシノの開花宣言が届き始めた。服喪に重なる花は、例年にも増して心を揺らす。

2011年3月25日(金曜日)より引用

 山梨では桜吹雪から青葉へと季節が移ろっているところですが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。東日本大震災から一ヶ月が過ぎました。多くの犠牲者の方にお悔やみ申し上げますとともに、被災地の皆様方には心からお見舞い申し上げます。

 誰もが気持ちを一つにして被災地に声援を送ってきたひと月でした。自分にできることを考え続けてきたひと月でした。今月は心に沁みたこの記事を選んでみました。

『吉野山 3万本の桜守』

 桜は今年も咲いた。奈良の吉野山では約3万本の花々が開き、春をいとおしく彩る。ここで生まれ育った私は13年前から、桜木の世話をする“桜守”として生きている。

 吉野の桜は、幾度かの災害に見舞われていて、1998年には台風の襲来で、木々が倒れ、枝が折れる被害が、山の広範囲にわたって出たということです。当時農業をしていた紺谷与三一さんは、住民らで作る吉野山保勝会に「てつだってくれ」と依頼を受け、保護活動に携わるようになり、深刻な現状を知ったといいます。目立ったのは樹勢の衰えで、あちこちで立ち枯れが進んでいたり、若い木にも多くの異変が表れ、たいへんな状況でした。「このままではいかん」と未来を憂えた紺谷さんは、朝七時から夕暮れまでほぼ毎日山には入る生活を続け、下草刈り、枯れ木の処理、肥料やり等を、もう一人の専従の作業員、近隣の大淀町の一杉甲子彦さんと二人で50万平方の山をくまなく歩き回ったそうです。

 急な斜面に立つ木にハシゴをかけて登り、幹のコケを落とすなど、危険もこの仕事にはつきものだったと語ります。

 そんな中、古来より、桜をご神木とあがめて大切に育ててきた御先祖の苦労に思いをはせ、住民が山に入らなくなった今、後世に遺産を伝える責任を負った者として使命を果たそうと思い、自分の畑に種を蒔いて苗木を大切に育て、数年間見守った後に吉野山に植えたそうです。

 開花の春、刹那の満開の日が一年の苦労を洗い流してくれる。お気に入りの花見の場所は中千本の一角、周回道路のそばにある。小さな谷の両端に木々が立ち並び、谷底から突風が吹くと何とも見事な桜吹雪が舞う。

 私は耳も傾ける。「今年も頑張ったよ」「ありがとう」。桜木のつぶやきが聞こえてきて、思わず胸が熱くなる。

 実は桜守になるまで桜に特別な感情を持たなかった。きっと毎年春に花を咲かせるのが当然、と考えていたからだと思う。世話を始めてから、当たり前のことを続けるのがどれほど大変かを痛感した。今では桜を大事な孫のように、いとおしく思っている。

「被災者の心に届けたい」

 いつも華やいだ気持ちになれる春なのに、今年は違った。3月11日の東日本大震災。あまりの悲劇に言葉がでない。報道で、幼い子供が避難所を回って行方不明のパパとママを必死に探していることを知り、涙が止まらなくなった。

 被災者が塗炭の苦しみを味わっているのに、なぜ私は桜の世話をしているのだろう。そんなことを初めて考えたが、私には桜守しかできない。被災地の方にも届くような見事な桜を咲かせ続けようと思う。来年も、再来年も、その先も。

 「吉野の桜は世界一、日本の宝」。誇りを胸に、私は精いっぱい働く。(こんたに・よみかず=吉野の桜守)

日本経済新聞 2011年4月13日(水曜日)文化面より引用
(2011/04/20・荻原幸子)