【事務所通信バックナンバー】

新しい灯

 いつも桜の開花待ちの言葉などで始めていた当事務所通信ですが、今年は思いもよらなかった大災害に見舞われ、春らしい季節の挨拶などは似つかわしくない3月となりました。多くの犠牲者の方にお悔やみ申し上げますとともに、被災地の皆様方には心からお見舞い申し上げます。誰もが被災地の方のお気持ちに思いを致して過ごしている毎日です。そんな中で心に残った新聞記事より書かせていただきました。

「3.11」とわれら日本人 震災を共助と連帯の力に

 東日本大震災がこの国を襲ってから明日で10日。原子力発電所の深刻な事故を伴った未曾有の地震は、同時代を生きる日本人のマンタリテ(心性)を大きく変えようとしている。

 この災厄では、東北地方の太平洋側を中心とする直接の被災地だけでなく、きわめて広い範囲の、さまざまな人々が共通体験を持つことになった。

 地震発生以来、こうして広く共有されることになった被災体験、そして秩序の崩壊体験はもちろんマイナスの効果も小さくない。人々は疲れ、経済の動揺と相まって気分が萎え、虚無感にとらわれてさえいる。

 しかし、どうだろう。それは戦争体験のように苛烈ではああるけれど、一方で、今ほど助け合いの思いが高まっているときはない。見知らぬ人々の心の結びつきを感じるときはない。他者の苦しみへの想像力が高まっているときはないのだ。

 著者は若者がインターネットなどを通じてアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」から発想を得て「ヤシマ作戦」というプロジェクトを繰り広げていることを紹介しています。節電に励んで震災という敵に打ち勝とうということで、手作りのポスターなども出回っているということです。デマを流したり、買いだめしたりする人もいるが、非常時に「ヤシマ作戦」のような運動が起こる社会は誇っていい、と筆者は綴ります。

 思えば、高度経済成長もバブルの時代も遠く過ぎて方向感を見失い、関心は社会よりもそれぞれの身辺へと向かってきた日本である。ひたむきなものに対し、どこか冷笑的な気分を漂わせてきたのも否めない。

 ところが、こんどの「3.11」を機に、私たちのなかに残っていた共生のDNAがよみがえりつつあるようだ。ならば、この震災の苦難を力に変えることができる。関東大震災からも、敗戦からも立ち直ってきた歴史が、それを教えている。

 せっかくわき出してきた共助と連帯の力をうまく生かして、次の時代を築きたい。いま、東京などでは街の灯がずいぶん消えた。その暗い道を行き交う人々の心に、新しい灯が灯ったのだと信じたい。

日本経済新聞 2011.3.20(日)コラム『中外時評』論説副委員長・大島三緒(抜粋して引用)

 刻々と変わる情勢の中、深刻さを増す被災地で疲労や危険と隣り合わせの中ご活躍される方々には崇敬の念を抱いております。自身を省みると、日常に埋没し、計画停電位にもあたふたしているような存在ですが、この記事にあるような新しい灯を灯し続けられるよう心がけていきたいと思っております。

(2011/03/22・荻原幸子)