【事務所通信バックナンバー】

欧米中心時代の終焉へ

 二月も下旬となり、いっそう春の訪れを強く感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 先頃、先進国と途上国による20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が共同声明を採択し閉幕しました。世界経済の不均衡を是正するため、複数の経済指標を参考指針とし、相互に評価・監視していくことで合意し、また中東の政情不安の一因となるなど世界経済に悪影響を与える食料高騰の解決に向け協調することでも一致したと報道されています。

 G20という響きに欧米中心の世界が終わったことが感じられます。今月はそんなことから、2011年1月6日付け・日本経済新聞のコラム『経済教室』の「欧米中心」時代の終焉へ(田中 明彦)をたどってみました。筆者は、中国、インド、ブラジルなどの台頭で世界の枠組みの変化がおきているとしています。

 このような欧米中心世界の終焉は、日本にも深刻な影響を与えつつある。なぜなら、欧米中心世界の終焉によって、20世紀に確立した日本と日本人のアイデンティティにも変更が迫られるからである。20世紀に確立したアイデンティティとは何か。それは、「例外としての日本」というアイデンティティだったと思う。(引用)

 筆者はその「例外」を、

 20世紀冒頭、明治の日本はロシアを破り、アジアで唯一「列強(グレートパワー)」に名を連ねた。明治から大正にかけて産業革命を成し遂げ、アジアで唯一の工業地域となり、第二次世界大戦後も、高度経済成長に成功する。アジアで唯一「南北問題」における北側に属した。政治面でも、欧米以外では数少ない安定した民主主義国となった。1970年代中葉から続く主要国首脳会議に欧米以外で唯一の参加国となったことに、その「例外的地位」が表れている。20世紀は、欧米中心の世界だったが、それはまた「例外としての日本」の時代でもあった。(引用)
と並べています。昭和、平成と生きてきただけでも、この日本のあしどりは実感できます。私が学んだ小学校の教科書の資料には、日本は外国ではこのように紹介されています、として口絵がのせられていましたが、その絵は、ちょんまげ、着物で暮らす日本人の姿で、まるで江戸時代。ここまで日本は時代遅れと見られているのかと悔しい思いをしました。そのことを思い出しては、世界から注目を浴びてきた今の日本はすごい、と感じながら数年の歳月を送ってきました。しかし、最近の変化をどうとらえるべきでしょうか。

 21世紀の現実を見、もはや「例外」ではなくなった日本は、どうすべきだろうか。

 第一に安全保障の基盤を固める。財政再建の道筋を開く。

 第二にグローバルな場面で自ら世界に貢献できるとの姿勢が示されるべき。

 第三にしかしながら日本の国力は、まだまだ世界の中では、きわめて強いと認識すべきである。科学技術の水準は高いし、今後人類が直面する地球的課題への対処能力や経験も豊富である。「例外としての日本」というにとどまらない、日本文化への世界的な評価は高まりつつある。かつては、例外的に発展した日本の秘密を探るために日本文化を評価するという見方があったが、現在の日本文化への関心は、より普遍的かつ美的なセンスそのものを評価する方向に向かいつつある。(要約及び引用)

 筆者はこのように綴っています。金融危機後には日本の国に対する悲観論も多くなってきていますし、42年の長きにわたって保ってきた世界第2位の経済大国の地位を中国に譲るという事実も大きく報道されました。そんなマイナス要因の多い中で、このように日本の力をとらえる文章を読むと嬉しくなってきます。私たちが、先代の人々の努力によって受け継ぐことができ、豊かに、平和に暮らすことができたこの日々を、次世代の人々にも間違いなく伝えてあげることができるよう頑張っていきたいと思っています。

(2011/02/21・荻原幸子)