【事務所通信バックナンバー】

エチ先生と銀の匙の子供たち

 教科書を一切使わず、一冊の薄い文庫本を3年間かけて読むという、おそらく世界でも類をみない奇跡の授業をした明治生まれの国語教師の物語を読みました。

 登場人物の見聞や感情を追体験していき、一言一句を丁寧に読み解き、そこから膨らませていく授業は、生徒の興味でどこまでも横道にそれていき、2週間で1ページしか進まないなんてことは日常茶飯事だったようです。

 しかし、その教室には、生徒たちのほとばしる探求心と、きらきらした好奇心が、絶えず満ちあふれていたようです。

 伝説の教師の名前は、橋本武。

 文庫本『銀の匙』1冊を生徒とともに横道にそれながら3年かけて読み込んだ。教えを受けた生徒たちは実社会に出てからも、教科書なき世界、道なき道を歩き、その行く先々で数々の実りを創り出していったようです。

 薄い文庫本に3年を費やす。

 生徒の興味で脱線していく授業、わからないことは全くない領域まで、1冊を徹底的に味わい尽くす、崇高な遅読味読のようです。

 そんな橋本流から考えてみると、私の大学時代の恩師の教育はひとつのテーマを徹底的に掘り下げあらゆる角度から考える、欧州、米国のそれぞれの国ではどうなっているか、そのもっている問題点はどうか、将来の展望はどうかと20代前半のわれわれには興味が尽きなかった。学問の深遠を覗いたような気がしました。

 しかしここを教えて欲しいとか課題の方向制を聞くことはできませんでした。

 あくまで文献を探して自分の考えをもてというのが恩師の教育でした。

 今思い返すと20歳前後に受けた教育は、それからの人生の糧になり職業選択の基盤になったようです。大学のテーマが一生の課題にもなりました。今も研究しています。本当に充実していた20代でした。

 恩師が何年か前に出版した税務会計原理を読みながらはるか昔を思い返して橋本先生のゆっくりとを考えてみました。

〈参考文献〉
『奇跡の教室』エチ先生と『銀の匙』の子どもたち/伊藤氏貴/小学館


(2011/02/21・荻原秀樹)