【事務所通信バックナンバー】

2011年 年頭所感

 新しい年が明け三週間ほどが経過しようとしています。皆様方におかれましては、どんな新しい年をお迎えになりましたでしょうか。

 日本経済の先行きは益々混迷を深め、経済規模の縮小化が進む中での厳しい戦いを強いられています。そんな中、本年も企業の永続的発展に役立つ経営改善を支援すべく、全力をあげて行動していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

〜事務所通信200号発行に思う〜

 事務所を開業してからもうじき三十年を迎えることとなります。関与先の方の為に企業がよりよい方向にいくようにと、様々なことに挑戦し、取り組んでまいりました。そしてその中で、皆様との強いつながりを求めて、事務所通信を発行してきました。事務所の全員で力を合わせての手作りの事務所通信、名付けて『NETWORK』は今月で二百号を迎えることとなりました。

 最初は事務所の事を少しでも知っていただきたくて始めた事でした。原稿を書いているうち、少しでも進歩しようと、本を読んだり、研修会で受けた講義の内容を詳しく紹介しようと考えたり、様々なことを考え、何より自分自身の内面性の構築になりました。

 事務所通信の原稿を考えていると事務所の問題点の把握と今後の方向性が浮き彫りになってきました。自分自身を鼓舞しているところもあります。問題点は自分にあり、自分が変わらなければならないこともつかみました。

 原稿を考えていると自己限定せず、「自利利他をとことんやれ」と言われているような感じがしてきます。そのことが、私の原点ともなっています。

 事務所のスタッフもITを駆使して原稿書きから印刷まで、絶えず効率化を追求して発行にこぎつけてくれ、そのことが日常の巡回監査にも応用できるようになりました。

 『事務所通信200号』 まだまだ事務所は進化します。そして関与先の方のためになるように一層の努力を続けていきます。それが私の人生の使命です。二百号の一区切り。そして明日からまた始まりです。

 いままでお読みくださった皆様、本当にありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 年頭に際しまして、皆様の益々のご健勝とご発展を心より祈念申し上げましてご挨拶とさせていただきます。

(2011/01/19・荻原秀樹)