【事務所通信バックナンバー】

会計のはなし―2010年末に寄せて

 今年は、久し振りに『会計のはなし』の続編を事務所通信に載せることが出来ました。先月号の番外編でも書いたのですが、過去の記事をシリーズで読み直してみると、多少は図解も交えているものの、文章中心の説明ではどうしても堅くなってしまうのと、イマジネーションが湧きにくいのとで、今一つ分かりにくいのではないかとの反省に至りました。元々、分かりにくい会計の世界を分かり易く語ろうという想いで始めたシリーズですので、もう少し浸透力のある内容にしたいと思っています。例年、年末の事務所通信はは「一年を振り返って」というテーマで書くのですが、今回は前月に続く番外編として改めて会計について考えてみたいと思います。

 会計や税務は日々専門性を増し、複雑化しており、街場の中小企業の一経理部門あるいは一担当者がこれを全て取りこぼすことなく正確に取り入れて、会計・税務処理をすることは、現実的には難しい状況になってきています。だからこそそれを「代わって」やってくれる存在としての会計事務所、というニーズが発生してくるのは当然の流れと言えるでしょう。

 我々会計事務所としても、それらのご要望にお応えすることが本分ですし、そのようにして皆様の事業の一助となることができれば本望です。しかし、これらのサービスを展開するための大前提となる「会計」がスムーズに処理されない事も多々あり、現場で頭を悩ませることもしばしば。それには複式簿記を用いた会計処理の分かりにくさが一因となっているのではないか、会計の仕組みを肌身に感じて分かってもらうことが先決なのではないか、との思いに至ると同時に、ともすると難しい経理処理を「代わって」やってくれるというイメージの付きやすい会計事務所の仕事を正しく捉えてもらいたいという願望も出てきました。

 会計や税務の仕事にはもちろん専門性がありますが、日々の売った買ったという商売の基本ともいえるシンプルな取引から始まって、積み上げていくように経理処理を重ね、事業を形作る財政の状況が決算書として表されることになります。「丼勘定」という言葉がありますが、何でもかんでも丼に一緒くたに放り込んでしまえば、後は会計事務所が何とかしてくれるだろうという時代はとうに過ぎました。会計というものに携わる仕事をやってきて、ここ何年かで強く思うのは、経理とは確認作業なんだなということ。単純に金銭の出納が正しく行われているかといった意味合いもありますが、会社や事業所が何をどう営んできたか、その足跡を確かめる作業であり、それによってこれからの道筋を決める作業でもあります。

 セミナーの講義でもお話ししたことがありますが、会計の目的は「自己報告」である、と思うのです。特に経営者の方には、事業において自分が判断し為してきたことを業績=数値という客観的な判断基準で捉えていただきたいのです。会計処理は経理担当者と会計事務所におまかせではなく、日々の営業活動の成果が具体的にどう表れたかを把握するため会計の何たるかを知る。そうすれば、決算書を自分自身への採点簿・通知表と思って眺めることもできるかもしれません。中小企業の多くは、社長=株主という体制です。社長さんは「よし、この方針で行こう!」という推進力と「おい、本当にそれで良いのか?」という抑止力を一人二役で演じ分けなければなりません。

 会計事務所としては、取引の当事者でないだけに、書類だけを見て会計処理を「代わって」やってしまうと、第三者としての視点が保てませんし、専門的見地からの考察を加える時間も限られてきてしまいます。取引の当事者である事業者自身の確認作業としての自律的な会計処理、それを担保する会計事務所の監査という分業により、会計処理の意味合いや価値は更に上がると思います。苦境の中、活路を見出すべく、今一度基本に立ち返って「会計」を見直していきたいと思います。来年もよろしくお願いいたします。

(2010/12/21・相原愛紀)