【事務所通信バックナンバー】

2010年をふりかえって

 本年も税務会計に対するご理解とご厚情を賜りましてありがとうございました。

 先頃、「事務所は山梨市のどのあたりですか。小原というと旧道沿いでしょうか」と尋ねられました。『旧道』その響きは、はるか昔に忘れていた世界です。『山梨県道三○三号市之蔵山梨線』 というのが正式名称でしょうか。旧東八代郡一宮町市之蔵を起点として、山梨市北(八幡橋西詰交差点)を終点とするのが、この道です。困った時の調べ物オンライン百科事典ウキペディアには「周辺」という項目に 甲斐一宮浅間神社、山梨税務署、山梨市駅、山梨消防署、山梨法務合同庁舎、などがあげられています。

 古くより、この道を通って多くの人々が行き交ったことが偲ばれます。そして私は「そうですね。旧道と新道の合わさるところでしょうか」と答えました。新しい道(といっても昭和の中頃?)は住宅地図には『中央通り』などと書かれていたりしますが、「山梨市都市計画図」によると『山梨市駅東山梨線』となっています。この事務所が開設されて以降延長され、その一部が「ハナミズキ通り」と名付けられています。

 新しい道といえば、平成の大合併と称した市町村の合併や、官公庁の統合などによる環境の変化やリニア中央新幹線のルートによる変化など、新しい波は常に押し寄せてきます。そういった変化にも呑まれない普遍の真理は何か落ち着いて考え、真の実力をつけていきたいと思います。

 幸い、事務所では、巡回監査により関与先の方への訪問をおこなっておりますので、この点、多少の環境の変化があってもいつも高い理念にむかって突き進んでいくことができると思っております。

 新しい道と古い道の交わるところ。ここに位置することが、新しいもののなかにも古くからつながる普遍の真理を大切にすることを喚起させるような気がして、新たな発見となった二○一○年でした。

 この事務所通信をお読みいただいている多くの皆様方、本当にありがとうございます。そして、二○一一年もどうぞよろしくお願いいたします。

(2010/12/21・荻原幸子)