【事務所通信バックナンバー】

22年度の反省と感謝

 今年は、大きな難問をかかえ、こんなストレスフルな仕事はうんざりだと思ったこともありましたが、一方で事務所があり、仕事をしていける幸せも感じ、生きていくとはこのようなものだと痛感しました。事務所も三十年程も継続していると最近は税理士業も天職というにはまだ至らないかもしれないが、私にとって適職ではないかと思うようになりました。

 今年は春から毎朝早く起きて、二時間の読書を継続し、仕事の品質の向上に費やす時間を確保しています。品質を優先すると、最終的には期限も守れるし、コストも下がってくることを経験値で得ることができました。まず仕事は品質ありきだと思います。

 一般的に経費・コストとは何かと考えますが、演奏会を例にとると、チッケットを買い、おしゃれをして会場に向かい、途中で軽い食事をとり、演奏までの間パンフレットを見ながら期待を膨らませ、そして演奏に酔いしれる。この一連のプロセスに満足し今日の音楽会は良かったとなります、音楽だけに満足したわけではない、会社も同じだと思います。 全体は部分の総計ではないかと思います。プロセスの一部を切り離してそこだけを眺めても、正しい原価は得られません。成果をだすには考え抜く必要があります。勝負は戦う前に決まる、ということが分かりました。

 今年も関与先の皆様、事務所を取り巻く多くの皆様、スタッフの皆様お世話になりました。

 来年も良い年でありますよう。                         

〈参考文献〉
■『プロ弁護士の処世術』/矢部正秋/PHP新書
■『ドラッカーと会計の話をしよう』/林 總/中経出版
■『ムダ時間の削減術』/西田順生/中経出版
(2010/12/21・荻原秀樹)