【事務所通信バックナンバー】

会計のはなし―(番外編)

 前回の「棚卸し」はいかがでしたでしょうか。今回は一休みして番外編としてお送りしたいと思います。これまでの記事は当事務所のホームページに、「Webセミナー」として、各回をリンクしてシリーズで見られるように準備中です。私自身もその作業を通して、第1回目から記事を読み直してみて、ここはもっと分かり易く書けないだろうかといった反省もあり、今後は加筆訂正の作業もしてみたいと思っています。文章中心での説明ではどうしてもイメージしにくいので、多少図解を交えた回もありましたが、もっと図を多用した方が良かったかもしれません。

 「会計」を分かりにくくする主な原因は、「お金が動くことで初めて会計処理が必要になる」という発想が邪魔をするからではないかと思います。しかし、本シリーズで解説しましたとおり、必ずしもお金の動きだけが会計の全てではありません。お金の動きだけを追うやり方で生ずる不都合を解消するのが「会計」の役割です。それでも、「代金をもらっていないのに、売上って言われても…」「実際、お金が入って来なきゃ支払も出来ないし…」と考えるのが、ごく普通の感覚でしょう。日々の経営の中で、特に経営者の皆様にとっての最大の関心事が、お金=資金繰りに寄せられるのはむしろ当然の事だと思います。丁寧に経理処理をして、どんなに正確な決算書を作っても、資金繰りが立ち行かなくなれば事業を続けることは出来ません。お金がどう動いているかを丹念に追う習慣が、制度としての「会計」を分かりにくくしているのでしょうか。

 いずれにせよ「会計」を理解するためには、普段の感覚からいくらか発想の転換をしなければならないかもしれません。お金の移動だけでなく、モノ(サービスも含む)の移動があったときには、会計処理が必要になりますし、まだ採り上げてはいませんが、減価償却のような考え方も通常の感覚からすると分かりにくいでしょう。私自身も、もう一度基本に立ち返る意味で、この『会計のはなし』シリーズを再編し、より分かり易くお伝えしていけるようにと想いを巡らせています。

(2010/11/22・相原愛紀)