【事務所通信バックナンバー】

七年間の宇宙の旅

 いよいよ今年もひと月を残すのみとなりました。そろそろ風邪もはやりはじめてきましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 世の流れはめまぐるしく、新聞には様々な記事がとりあげられます。この記事について書こうかな、などと心づもりしていても、日々新たに更新される出来事、事務所通信の発行日にはもう過去の出来事、と化してしまうものもたくさんあります。ここ数ヶ月おこった外交問題では、「どうなってしまうのだろう、日本」と行く末を憂いてやまないのが全国民の心情だと思います。。

 そんな中、明るいニュースといえば、『「イトカワ」の微粒子確認』があげられると思います。七年間の旅を終えて、2010年6月地球に戻ってきた日本の探査機「はやぶさ」。「回収されたカプセルの中に小惑星「イトカワ」の物質が入っているのだろうか」、期待は高まるものの確定的報道はないまま月日が経過しました。そしていよいよ11月17日付けの新聞に下記のように報道されました。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルに、小惑星「イトカワ」の微粒子を確認したと発表した。約1500個見つかった0.01ミリメートル大の粒子のほぼすべてが地球の物質と明らかに違うことが電子顕微鏡で判明。小惑星以外で混入したとは考えられず、イトカワ由来と断定した。月以外の天体に着陸して採取物質を地球に持ち帰るのは初めて。

 はやぶさの地球帰還は、日本の技術力を世界に示した。小惑星の微粒子採取にも成功し、世界に先んじて太陽系の成り立ちの解明を急ぐなど宇宙基礎科学でも世界をリードできる。

『日本経済新聞』2010年11月17日(水曜日)一面より一部引用

 「月以外の」という表現に私は、子供のころ連れて行ってもらった大阪で開催されたEXPO’70で長蛇の列に並んだ末垣間見た「月の石」のことをなつかしく思い出しました。

 日本の探査機「はやぶさ」は2003年5月ロケットで打ち上げられ、2004年5月地球の引力を使って加速に成功し、「イトカワ」へ出発。2005年7月には「イトカワ」に接近、初撮影に成功。その11月には、着陸に成功したものの2006年1月まで地球との通信が断絶してしまいます。その後エンジンが4台中3台故障、エンジンの部品同士を地球から操ってつなぎ合わせるという「神業」で乗り切った、ということです。

 当初は4年かけて地球とイトカワを往復する計画だったが、トラブルの連続で7年に延びた。総飛行距離は約60億キロメートル。地球と太陽とを20往復したことになる。

 人類未踏の地への探検と、何度も絶対絶命の危機に遭い、満身創痍での帰還はコンピューターゲームなどでは体験できない、手に汗を握るドラマだった。

『日本経済新聞』2010年11月17日(水曜日)29面特集「一からわかるはやぶさ イトカワ」より一部引用

 執念ともいえる宇宙航空研究開発機構の川口淳一郎プロジェクトマネージャー気迫の源泉は、1998年に打ち上げた火星探査機「のぞみ」の失敗だったといいます。このように失敗はつぎに成功への扉であることにも私たちは勇気をもらいます。そして2010年6月13日カプセルを分離して大気圏に突入して燃え尽きてしまった「はやぶさ」に心より感謝を捧げたい。気力の減退している今の日本に勇気をしめしてくれてありがとう。

 イトカワの微粒子は、7年間60億キロの旅の結晶だ。研究が進めば、生命を生み出した地球、その地球のおおもとで ある太陽系の誕生と起源について、私たちを驚かせるような発見がもたらされるかもしれない。

(日経サイエンス編集長 中島林彦)『日本経済新聞』上記特集より引用

 これから研究が続き、46億年の謎が解き明かされていくことを楽しみにしています。

(2010/11/22・荻原幸子)