【事務所通信バックナンバー】

自転車に乗って

 一昨年の秋ぐらいから、よく自転車に乗るようになりました。きっかけは病院で血糖値が高いことを指摘され、その解消になるものをと、少しでも体を動かすようなことを始めようというものでした。以来、通勤やちょっとした移動に自転車を使い始め、今では一日に数十km走るようなことも珍しくなくなりました。

 夏と冬は暑さ寒さで、自転車で走るには厳しい時季ですが、秋は暑くもなく寒くもなく、切る風が心地よいうってつけの季節。クルマと違って、季節の移ろい、風景の変化をゆっっくり楽しみながら走れるのが自転車の良いところです。普段クルマでは行かないような細い道にも気兼ねなく入っていけますし、そんな風に気ままに走っていると、いつも領収書ではよく見るあの会社はここにあったのかとか、新しい店や家が出来ているのを知ったり、お客様の会社の工事現場に行き当たって、今この現場に掛かっているのかというのを知ったり、自然の風景や気候のみならず、街のちょっとした変化を感じることができます。

 何でもないような事ですが、そういうちょっとした何かを肌身に感じられることは、今や貴重にさえなってきました。クルマではどんな季節でもエアコンを入れていれば車内は快適ですが、少し寒くなったなとか、空気が乾燥してきたな、といったグラデーションで微細に変化していくものには気が付きにくいものです。難なく通り過ぎる道も、自転車で走ってみると意外に勾配がきつくて、「こんなに坂だったかな?」と驚くこともあります。自分自身がいかに鈍感になっていたか、思い込みで物事を見ているかということを思い知らされて、はっとします。自転車に乗るのは、健康維持のみならず、自分のずれてしまった感覚を軌道修正するのにも役立っています。

 数年来、この時期には『TKC経営革新セミナー』を開催してきましたが、今年は諸般の事情により開催を見送ることにしました。セミナーで例年採り上げてきた「会計」の話も、日々の忙しさの中に埋没しがちな肌身の感覚を取り戻していただき、企業の実態を客観的に冷静に捉えていただくという意味があります。数字が全てではありませんが、馬鹿正直なまでに事実を伝えてくれる機能を「会計」は持っています。今年はそんな思いも込めて、過去のセミナーで使用した資料を見直し、また何らかの形で皆様にお伝えできればと思っています。

 こういう紙面で自転車という話を持ち出すと、「自転車操業」という言葉が連想されて良くないかとも思ったのですが、この経営環境の厳しき折にこそ、自身の経営を肌身に感じることで、良い部分は継続し、悪い部分は軌道修正する。そのための客観的な判断材料として「会計」があります。自転車のスピードでは遅すぎると言われかねない忙しい時代ですが、肌身の感覚をすぐに経営に反映しやすいのは中小企業の良さ。地道に漕ぎ続ければ、自転車でも結構遠くに行けるものですよ。

(2010/10/20・相原愛紀)