【事務所通信バックナンバー】

『日本語の散歩道』

 やっと秋らしさを感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。この通信の発行日10月20日は「十三夜」にあたります。雨がちな「十五夜」に比して、「十三夜に曇りなし」などといわれ、晴天に恵まれやすいということで、毎年楽しみにしています。少し欠けたものを愛でる日本人の美意識というのも心にぴったりきます。今月は日曜日の朝このような記事に目がとまりました。

『日本語の散歩道』
「あいまい≠ナも悪くない」外山滋比古
 日本経済新聞2010年10月17日(日)

 明治このかた、日本語は理論的でないということが一部でささやかれてきた。戦後になって、それがあいまいだに変わったようである。先日もある会で講師が「あいまいな日本語ではとても外国と太刀打ちできません」と弱音を吐いて、会場をどよめかせた。あいまいではいけないと思っている人が多いのであろう。

 もともと日本語は、露骨、率直、バカ正直を喜ばない。やわらかく婉曲に、それとなくわからせるのが、床しく上品であるとする。

 相手をたてようとすればおのずから含みのある言い方になる。もののわからぬこどもならともかく、大人に向かってわかりきったことを言っては失礼になるというのが成熟した社会である。外交の言葉も上品であいまいである。

 ヨーロッパでは昔から、あいまいが嫌われてきたが、二十世紀になって異論があらわれた。イギリスのウィリアム・エプソンが『曖昧の七つの型』(1930)を出して、詩の美はあいまいにありと道破、世界を驚かせた。日本人も驚いたのはすこしどうかと思われる。日本には中世にあいまいの美学を説く歌論があって、いわばあいまいの先進国なのである。(一部引用)

 日曜日はどこの新聞も日常とは違った記事を特集してくれて、心も安らかに休日を過ごすことができますが、私は、この記事の題名が目に飛び込んで来たとき、ちょっと嬉しくなりました。というのも、どうも日頃から自分の文章があいまいで困ると反省していたからです。もともと日本語とはそういうものであったのか、などと少し胸をなでおろしてみました。

 皆様にお読みいただいているこの事務所通信ももうすぐ200号となります。私自身、「拙い文章を書いて」とお詫びの気持ちを持ちながらも、ここまではるばる辿りつけたことに感じ入ります。このように続けてこられたのは、皆様のおかげです。本当にいつも見守っていただき、ありがとうございます。そして、不屈の信念でこの事務所通信を編集し、世に送り出してくれている相原編集長には感謝の気持ちでいっぱいです。

(2010/10/20・荻原幸子)