【事務所通信バックナンバー】

医業経営情報より

 本年もいよいよ最後のまとめの時期に入ってまいりました。景気も政府により、一年八ヶ月ぶりに下方修正で「足踏み状態」と発表されました。薄日がさしてきたと少し安堵したところへのこのような状態に、厳しい世相を実感いたします。このようなとき、少しでもよい方へと考え、書籍を読むことを考えますが、雑誌、パンフレット類などのすみずみにたくさんにヒントが散りばめられていることに気づきます。

 『TKC医業経営情報』という冊子が毎月発行されていますが、その最終ページに本の紹介のコーナーがあり、医療をとりまく様々な観点から書かれた書籍が紹介されています。

 『医療職と福祉職のためのリスクマネジメント 〜介護・医療サービスの向上を視野に入れて』小木曽加奈子著/学文社 を購入し、読んでみました。

     
  • 第一章 リスクマネジメントが求められる背景
  •  
  • 第二章 患者満足度
  • 第三章 リスクマネジメントの概要
  •  
  • 第四章 療養の場におけるリスクマネジメント
  • 第五章 エラーを防ぐコミュニケーション
  • 第六章 医療サービスの今後のあり方
以上のような項目立てで、進められていきます。社会的背景の変化の激しい現代にあって、医療サービスに求められるものも多様化し、複雑になってきています。そんな中で、医療の安全に対する基礎的知識と具体的リスクマネジメントの手法などが書かれたいへん充実した内容になっています。私たちとしては、会計における数字面ばかりに注目してしまいがちですが、このような書籍を読むことで、医療現場の様子について知ることができ勉強になりました。

 コミュニケーションの問題については、医療の現場ばかりではなく、日常の問題として、深く考えていかなくてはいけない問題です。コミュニケーションの三要素が、言葉、声、しぐさということを知り、非言語的コミュニケーションを積極的に活用するということも知りました。

 最終章では専門職としてのジェネラリスト(多数の専門分野で、一定以上の幅広い知識や技術をもっている人)という記述がありますが、まさにひとつのことに秀でるばかりではなく、それをとりまく環境すべてに精通していることが求められるのだということがよくわかりました。これに続き、他職種との連携が述べられていますが、会社や個人事業においても、問題をいかに広くカバーできるかということは、たいへん重要な要素だと思っています。そして最後に患者が選ぶ終末期ケアのあり方。これはまさに自分自身の問題ととして知っておくべきだと感じました。

 国際競争力の中で「内向き志向」など様々な問題が山積みですが、「打つ手は無限」「ピンチはチャンス」などの言葉のとおり、様々な情報に耳を傾け、自分を広げていきたいと思います。

(2010/10/20・荻原幸子)