【事務所通信バックナンバー】

朝刊より

 九月も下旬にさしかかり、やっと秋の涼しい風を感じることのできる今日このごろですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申し上げます。

 なんといっても暑い、暑い今年の夏でしたが、そんなある朝、山梨日日新聞を見ていたところ、『大きくなったら』という特集に事務所の関与先の方のお子さんの作文が載っていました。「私は、整理整とんをすることが好きなので、店内のそうじや、商品の出し入れをしたいです。」という一文にとても感動しました。小学六年生の文章です。おうちの方の日々の教育が偲ばれます。会計事務所の顧問先の方々は、事業をなさっていて、家族一丸となってお仕事にあったていらっしゃるわけで、その忙しさは想像を絶するものがあります。そんな中で、お子さんたちはおうちの方々からいろんなことを学んで大きくなられるのだな、と思いました。そのお子さんは最後に「また、どうやったら商品が売れるかを考えて、生活に役に立つ商品を開発していきたいです。」と結んでいらっしゃいました。

 最近は、専業主婦願望の人が多いとは、新聞などの報道でよく目にするところです。しかし、実際、家族一丸となって事業を支えていく日々のたいへんさとまたそれだからこそ得られる喜びを感じる方も多いと思います。今、小さいお子さんを抱えながらの家業で、たいへんな方もいらっしゃる思いますが、お体に気をつけて頑張っていただきたいと思っております。

 今日は、感動した朝の新聞記事から感想を書かせていただきました。

(2010/09/21・荻原幸子)