【事務所通信バックナンバー】

模様替えをきっかけに

 先月号でも少しお伝えしましたように、8月の初旬に事務所の模様替えをしました。以前は、1階全体を作業スペースとしており、小さく接客スペースを設けてあるだけでした。この度の模様替えで、作業スペースと接客スペースをおおよそ半分ずつにして、作業エリアには机やロッカー、機材などを集中的に配置して、作業効率を高められるようにしました。また日に日に増えていく電気機器を安全に使用できるよう、電源コンセントを増設し、LANケーブルの配線も床下に通して、事務所の各場所でパソコンが使用できるようLANコンセントも設けました。現時点では物の配置がまだ定まりきらないところもありますので、今後の業務を通して、より良い配置を検討していきたいと思っています。

 一方、接客スペースは、以前に比べてかなりゆったりと取りました。これまでは作業エリアとのはっきりした区別もありませんでしたので、パソコンや書類などが広げてある状態で、お客様をお迎えするのは注意を要しましたが、この度の模様替えでスペースを分けたことにより、書類管理・秘密保持の観点からも良い結果になったと思います。また、以前の接客スペースでは、電源が遠かったり、LANケーブルが繋げられなかったりして、パソコンを使用した打合せにはかなり制限があったのですが、その点にも配慮して、接客スペースにも電源とLANコンセントを設置しました。作業エリアで普段業務を行うのと同じレベルでパソコンを使用することができますので、お客様との打合せをより有効にし、作業効率アップにも資するものと思います。

 以前、山梨市商工会と山梨市役所商工労政課の主催で、「エーワン精密」という会社の韮崎工場へ見学会に行く機会がありました。設立者である、現相談役の梅原氏の発想、先見の明に多々驚かされた見学会でした。東京に本社を構えながら、工場はより土地代の安い地方にということで、当時はまだ中央道が通っていなかったにも関わらず、山梨の韮崎に工場用の土地を購入されたそうです。工場は清潔で実に整然としており、異業種の私には詳しいことは分かりませんでしたが、作業に無駄がないよう配慮されているであろうことは容易に想像がつきました。中でも一番驚かされたのが、使用されていない工場があること。梅原氏の説明によれば、不況で仕事がない時期にこそ、設備投資をすべきである、ということでした。経常利益率40%という驚異的な業績を誇る同社は、設備投資をするにも新たな融資は必要なく、全て自己資金でまかなうとのこと。仕事が少ないときには環境を整えることに力を振り向ける時期であるとのことで、不況の時期には建設業者も仕事が少なく、比較的安い値段で喜んで請けてくれるというメリットもあるとおっしゃっていました。さらに驚かされるのは、既に完成しているその工場には、機械がただの一台も設置されていなかったことです。経営や会計の常識からすれば、完成したその日からでも稼働して、利益を回収し、償却を進めたいのが普通ですが、そもそも仕事がないときに、それを承知で作っているわけですから、機械はまた仕事が増えてきた時に入れて稼働させればよい、という悠然とした構えなのです。

 逆転の発想と言うには、あまりにも大胆な戦略ですが、常に最善の状態で余裕を持って業務に取り組めるように、という点では、当然と言えば当然の発想なのかもしれません。実際、そこまでするには相当に内部留保を厚くする(=多額の納税もする)ということになりますので、簡単な話ではありませんが、きれいに整備された各施設を拝見するにつけ、仕事場の環境を整えることにの大事さを改めて痛感しました。この度の当事務所の模様替えを、工場一棟の新築と比べては少し気も引けますが、環境整備という点では、普段の掃除や片付けといったレベルのちょっとしたことでも、業務の改善や、さらには大きな刷新の糸口をつかむ可能性を持っていると思います。

 事務所に関与先の皆様をお招きして研修会や勉強会を開くといったことも、長らく行っておりませんでしたが、今回の模様替えをきっかけに、当事務所の施設をもっと有効に使うことができないかと考える良い機会になりました。今後、企画を練って、この紙面等でもお伝えして参ります。ちょっとしたご相談やご質問でも構いません。お気軽に当事務所のドアを叩いてみて下さい。

(2010/09/21・相原愛紀)