【事務所通信バックナンバー】

新聞

 残暑の厳しい毎日ですがいかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申し上げます。

 世の中の流れの速さには驚くばかりですが、最近はその中にも何か古いもの、日本らしいものなどが見直されてきている感じがします。

 さて最近の新しい動きとしては電子書籍があげられます。皆様はもう体験されましたでしょうか。電子書籍は、思い立ったら即購入などのスピード性や場所をとらないことなどが利点にあげられますし、販売側では、在庫管理の容易さ、また絶版などの心配のいらないことなどの点で今後どんどんひろまっていくことでしょう。

 しかし、私などのように電車通勤もなければ、あまり移動することのない毎日の中では取り入れる機会が少ないような気がしています。とにかく私は紙に活字で印刷されたものに愛着を感じていますので、逆に電子書籍の普及により紙の印刷物が少なくなってしまうことを憂いています。新聞なども電子化の問題が議論されますが、いつまでも紙による印刷で各戸へ届けて欲しいと願っています。以前新聞社を見学させていただいたことがありましたが、新聞にまつわる様々な疑問点が解決できてとても楽しい一日でした。作る人、届ける人など多くの人の手を経て正確に手元に届けられる新聞、感謝の気持ちで紙面を開きます。

 仕事や家事などを終え新聞を開くひととき。一日を無事終えることができた安堵感でいっぱいのやすらぎの時間帯です。私自身わずかな閲覧量ではありますが、心に残った記事につき来年の七月頃まで、毎月書かせていただきたいと思います。よろしくおつき合いのほどお願いいたします。

 私が読もうと心がけているコラムの一つに『私の履歴書』があります。これは日本経済新聞社で1956年よりはじまった連載で、私が生まれる前からあったコラムなんだなと改めて実感しますが、実際読み始めたのはここ数年のことです。一月ごとに各界で活躍している人が選ばれ、生まれた時のことからはじまりその人のそれまでたどってきた道を読ませてもらうことになります。そして月末が近づきもう終わりだなと思うころにその人の人生観で締めくくられます。

 雄弁でない私は、自分の思いを伝えるために先人の言葉を引用する。最初に誰が言ったかは知らないが「『儲かる』とは『信じる者』と書く」とか「情報とは情けに報いること」とかだ。
日本経済新聞朝刊/『私の履歴書』/野田順弘(オービック会長兼社長)2010年6月30日付より引用

 これは、私がたまたま切り抜いておいた記事です。会計事務所で関与先の方のため、毎月の試算表を作成させていただいています。その目的のひとつに「利益」ということがあると思いますが、「儲かる」とは、人を信じるということだったのだ、と思いました。そして、情報氾濫といわれるこの時代。ある時には情報過多などと使われ、また情報爆発などといってインターネットの使いすぎによる弊害まで生み出しているこの「情報」という言葉が、実は「情けに報いる」ということであったのだという事に思い当たり感動しました。そんなことから今回、切り抜いておいた文章から引用させていただきました。この方は最終回の最後を

 私も年齢を重ねるにつれて、何事にも感謝の念がわくようになった。いまもこれまでの人生でご縁をいただいた皆様に、お礼を申し上げたい気持ちでいっぱいだ。  私を育て、支え、励まし、叱ってくださった皆さん。ありがとう。ありがとう。ありがとう。
日本経済新聞朝刊/『私の履歴書』/野田順弘(オービック会長兼社長)2010年6月30日付より引用
と綴っていらっしゃいます。

 これからもこのコラムにより多くの方の半生を読ませていただけるのがとても楽しみです。

 雑誌などの廃刊が相次いで報じられる中、新聞が各戸に末永く届けられ続け、一日があの印刷インクの匂いとともに始まることを祈っています。

(2010/08/18・荻原幸子)