【事務所通信バックナンバー】

【シリーズ】会計のはなし… [第1回]  [第2回]  [第3回]  [第4回]  [第5回]  [第6回

会計のはなし―第7回(棚卸し)

 数年前、「会計のはなし」と題して、会計というものの考え方について、できるだけ分かり易く解説しようという趣旨で、シリーズで記事を載せていたことがありました。シリーズは第6回(発生主義)まで進行し、次回は「棚卸し」ですと謳ったまま、第7回を掲載せずにいたのですが、この度やっと第7回を迎えることが出来ました。

 第6回までで解説してきた複式簿記〜発生主義という考え方は、「会計」というものに触れたことがない方にとっては、馴染みづらいものかもしれません。ここでもう一度前回までを簡単に振り返ってみましょう。 (※このシリーズでは、簿記会計に触れたことがない方に、いかに分かり易くその考え方を解説するか、に主眼を置いています。専門的見地からは、説明が不十分、あるいは正確でないという部分もあるかもしれませんが、ご容赦下さい。)

■商売をする上で大事なのは、「10万円売上げた」という単式簿記ではなく、「(現金で)/(売上が)10万円入金した」という2つの要素で記帳する複式簿記である。
→不正や間違いをなくし、正しい取引記録を作る。

■複式簿記での取引記録は、貸借対照表と損益計算書に集計され表される。
→損益計算書は、いくら儲けた(損した)かを表し、貸借対照表は、その儲け(損)を出すのにお金をどうやりくりしたかを表している。しかし、必ずしも「儲け」=「手元にあるお金」とはならない。

■「儲け」と「手元にあるお金」が一致しないのは、取引には時間差がある(仕入れた瞬間売り上げるということはまずない/仕入れはしたが支払は翌月ということもある)から。
→この時間差を埋めるのが、発生主義という考え方である。発生主義では、お金が動いたときでなく、納品などの取引が起こったときに売上/仕入/費用などを帳簿に記録する。
→収益と費用は対応させなければならない。

 以上が前回までに述べた事柄です。では、何故「費用と収益は対応させねばならない」のか。そこで今回解説する「棚卸し」という考え方が必要なのです。

 分かり易くするために、販売業で、ある一つの事業年度に、100万円の商品を1点だけ仕入れた場合を例に説明します。

【事例1】
 この商品を仕入れた事業年度中に、この商品が120万円で売れた場合。売上高120万円―仕入高100万円=利益20万円で、20万円の利益に課税されることはお分かりいただけると思います。仮に実効税率を40%とすれば、8万円の納税となります。

【事例2】
 この商品が仕入れた事業年度中に売れなかった場合。つまり在庫となった場合を考えます。売上高0円―仕入高100万円=損失100万円で、赤字です。赤字のときは、法人税は課税されません。納税額は0円です。
 ところが、この商品は翌事業年度になって120万円で売れました。この事業年度は他の取引(仕入、売上など)は一切無いものとします。売上高120万円―仕入高0円=利益120万円で、120万円に課税されます。税率40%で、納税額は48万円です。

 ここで、一つの疑問が浮かぶと思います。取引としては100万円の物を仕入れて、120万円で売った。利益が20万円揚がった。事例1でも事例2でも事業年度を跨いでいるか否かの差はありますが、取引の内容は同じです。税金は公平に課されなければいけないのに、同じ取引で合計の納税額に40万円も差が出るのはおかしな話です。この矛盾を解消するのが「棚卸し」という考え方なのです。

 では、「収益と費用を対応させる」とはどういうことでしょうか。ごく大雑把な言い方をすれば、「売れていない物は仕入に計上しない」ということです。「いや、それはおかしい」という声が聞こえてきそうですね。前回の「発生主義」では、代金を支払ったか否かに関わらず品物が納入されたという取引の発生に伴って仕入に計上するのだと言っておいて、今度は「仕入にしない」とは―。しかしこのままでは、事例1と事例2の間に生じる不公平が解消できません。そこで事例2のケースでは、以下のように計算します。

(商品を仕入れた事業年度)
売上0円―仕入100万円+期末棚卸100万円=利益0円

(翌事業年度)
売上120万円―期首棚卸100万円=利益20万円

 これで初めの事業年度は法人税0円、次の年度で8万円が課税されることになります。事例1との間に課税上の不公平はなくなりました。初めの事業年度は、仕入はしたけれど期末までに売れなかった、つまり100万円の仕入(マイナス)は発生したけれど、手元に100万円相当の棚卸資産(プラス)をまだ持っている、ということです。プラスマイナス・ゼロというわけです。次の事業年度では、在庫が売れました。100万円の棚卸資産は手元から出て行き(マイナス)、代わりに売上が120万円入ったので差引利益は20万円。

 このように「棚卸し」という考え方を使って、売上と仕入を必ずセットで計上して、ある商品が売れたときに揚がる利益を一つの事業年度内に計上することが、「収益と費用を対応させる」ということなのです。最初に述べた事例2のケースのように、売上はあっちの年度、仕入はこっちの年度、というわけにはいかないのです。

 今回は、かなり久しぶりに「会計のはなし」を書いてみましたが、いかがだったでしょうか。ご意見・ご質問等お寄せいただければ幸いです。前回までの記事については、当事務所ホームページの「バックナンバー」に掲載しております。参考にご覧下さい。

(2010/08/18・相原愛紀)

<<シリーズ前回の記事  シリーズ次回の記事>>