【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −立秋そして処暑−

いよいよ梅雨明けとなり、夏の日差しがまぶしい今日このごろですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。白露(本年は九月八日)に始まり二十四節気をたどってきた歳時記の旅も立秋、処暑をもってひと巡りとなります。思えば、昨年の八月『悩む力』の中の下記の文章に感銘を受け季節をたどってみようと思い立ったのでした。

 科学万能の流れの中で、迷信や宗教などは駆逐されていきましたが、それらは完全に消えたわけではなく、ニーチェ的に言うと「背面世界」となってこの世の片隅にちりばめられて残りました。その中に「土発的」な知(自然の移ろいの中に生きて、そこから発するような知)の伝統がささやかに息づいていました。  それらは一時絶滅寸前までいったのですが、いままた少しずつ見直されているような気がしています。

 じつは、このことを考えるたびに、私は自分の母のことを思い出すのです。母は、言わば前近代的な宗教の伝統や習慣を守って生きていた人でした。四季の行事、歳時記的なこと、人の生き死に、成長、衰退への考えなど、そのありようはまるで旧暦の世界のようでしたが、驚くべきことに、それは循環を繰り返している自然の摂理とぴったり一致していました。ですから、人間が本当に知るべきことは何なのかを考えるとき、そこにもヒントがあるような気がしています。私たちの社会は、いますべての境界が抜け落ちたような状態になっていて、そこに厖大な情報が漂っています。たしかに、人間の脳というのは際限がなく、放置しておくと限りなく広がって、得手勝手にボーダレスな世界を作り出していきます。

 しかし、現実の肉体や感覚には限界があります。だから、反対に、自分の世界を広げるのではなく、適度な形で限定していく。その場合でも、世界を閉じるのではなく、開きつつ、自分の身の丈に合わせてサイズを限定していく。そして、その世界にあるものについては、ほぼ知悉できているような「知」のあり方―。

『悩む力』姜尚中著 より引用

 外側の世界に休む場所がない時でも自身の内側に歳時記のような世界をもつとたいへんやすらかであるものだと感じました。実際五感を働かせていると、暦の上では、というものの季節のうつろいは、まさしく歳時記に表されている事象そのものであるということもわかりました。そのことから、歳時記により生きていくことは、季節を先取りし、早めの心構えをしているようで、心の安定につながる感じがしました。

【立秋】
二十四節気の一つで、新暦八月七日ごろにあたる。暦の上ではこの日から秋に入るが、実際にはまだ暑さが厳しい。しかし朝夕などは、秋の気配がどことなく感じられる。
出典『合本 俳句歳時記』第四版/角川学芸出版


 青空のただ一ト色に秋立ちぬ   小島政二郎

 急ぐ雲急がぬ雲に秋立てり   細見綾子

出典『日本大歳時記 座右版』/講談社
【処暑】
二十四気の一つで、新暦八月二十三日ごろにあたる「処」は収まるの意で、このころ暑さが一段落するとされる。


 水平にながれて海へ処暑の雲   柿沼茂

出典『合本 俳句歳時記』第四版/角川学芸出版

 一年間おつきあいいただきまして、ありがとうございました。

(2010/07/21・荻原幸子)