【事務所通信バックナンバー】

損益分岐点売上高の見方

 毎月、当事務所ではオリジナルの記事を執筆し、税務会計を初めとする様々な情報をこの紙面に掲載していますが、これとは別に「〜For Your Success〜事務所通信」と題したもう一つの事務所通信も同封しています。今月号にも金融、会計、税務、コラムとしてそれぞれの記事が載っていますが、ご覧いただいていますでしょうか。オリジナルのものが、この内容と重複しないように気を付けてはいるのですが、税務会計を中心とした内容だけに、どうしても似通ってしまうこともあります。毎月半ばを過ぎると今月は何を書こうかと頭を悩ませるのですが、今月は敢えてもう一つの事務所通信にも掲載されている「損的分岐点売上高」について改めて解説します。

 この紙面やセミナーなどでも損益分岐点については度々お話ししています。用語の解説や考え方については、もう一つの事務所通信に詳しいので、この記事と併せて読み進めていただければと思います。ここでは細かいことや難しいところを出来るだけ排して、シンプルに自社の損益分岐点を捉える方法を解説します。シンプルに、とは言っても、最低限の用語や概念の理解は必要です。「売上高」はどなたもお分かりになると思いますが、「限界利益率」「固定費」についてはもう一つの事務所通信に用語解説を参照して下さい。

 細かい数字に当たるのは嫌だと言う方でも、経営のためには最低限大枠で財務数値を捉えておく必要はあるでしょう。では早速シンプルに「損益分岐点売上高」の求め方から―。

 固定費 ÷ 限界利益率 = 

 電卓を叩いて簡単に計算できるように、分数で表示したよくある計算式ではなく、単純な割り算としましたが、計算の過程は全く同じです。実際に電卓を叩くときには、固定費(数字)[÷]限界利益率(数字)[%]の順でキーを押すだけです。

 毎月お送りしている帳票類の中には、損益分岐点売上高が表示されていますので、自分で計算せずとも一目瞭然ですが、ごく簡単なシミュレーションをするときに電卓で計算できると便利です。例えば、利益率が1%改善したらとか、もう1人社員を雇い入れたらとか、頭に浮かんだ数値を足したり引いたりして計算し直してみる。そうして求めた損益分岐点売上高と実績値を比較してみましょう。細かい数字に一つ一つ当たらなくても、月に最低いくらは必要(=固定費)で、それだけ分稼ぐには粗利率が何%(=限界利益率)だから、売上がこれだけ必要(=損益分岐点売上高)というざっくりした計算でもよいのです。

 「損益分岐点売上高」などとかしこまって言うと敷居が高い感じがしてしまいますが、要は事業を滞りなく回していくにはどれだけの売上が必要か、ということであって、商売をする人ならどんな方でも多少は考えたことがあるはずです。うちは月いくらの売上が必要で、今のところの売上にはいくら余裕がある、または不足している―感覚的に忙しいとか暇だというとらえ方をするだけでなく、客観的で冷静な判断にするために、電卓を叩くのです。うちはいくら売上が必要か?―早速電卓で計算してみませんか。

(2010/07/21・相原愛紀)