【事務所通信バックナンバー】

経済学って役に立つの?

 金融リテラシーという言葉があります。金融に関する知識や能力を持っていることを言います。

 株の取引をするのには必要かもしれないけれど、株には興味がないので、金融リテラシーなんて関係ないというのが多くの日本人の印象ではないでしょうか。

 私自身の記憶では、小学校や中学校であまり金融のことを詳しく教えてもらった事がないように思います。教育の分野では、より所得を稼げるようになることではなく、豊かな人生を送ることができるようになることを目的にしていて、豊かさとはお金以外の価値にあるということを教えようとしているからでしょう。

 もちろん、お金がなくとも幸福な人生を送ることは可能です。しかし、最低限のお金がないと、幸福な人生を送ることが難しくなるのも事実です。

 それに、同じ所得であっても、金融知識があればもっと豊かになることができたかもしれないのに、みすみす貧しい生活をしなければならないとすれば、金融知識がないよりはあったほうがいいのではないでしょうか。

 まず金融・経済の仕組みの知識をどのようにつけるかというと、日経新聞からの収集がよいとおもいます。

  1. 日経新聞の特徴とルール
  2.  日経新聞の読み方で先ず重要なことは、全部読もうとしないということです。

     日経の朝刊は平均で40ページあり、約25万文字という膨大な文字が掲載されています。これは新書でいうと2冊分の文字量とほぼ同じです。全部の記事が読めるはずがないと思って気楽に読みましょう。

    • 先ず見出しを見る
    • リード文のある記事は重要
    • そのあと本文を

    ※読む記事と読まない記事をどこで区別するか

     まずは大きい文字の見出しを見て、興味のある記事を読むことからはじめ、そしてその時にこの逆三角形を頭にイメージをもってください。

     それは読むと決めた記事も、よむのは途中までで良いかもしれないということです。

     新聞記事の重要度合いを面積で表したのがこの逆三角形です。

  3. 紙面構成:特に奇数面の1・3・5面
  4.  一面は、その日の最重要ニュースが掲載されている紙面です。

     三面の総合面は最近のニュースの中で特に重要なものを選んで、出来事が起こった背景や日本経済全体に及ぼす影響、今後の展望などを詳しく解説しています。

     特に、毎週月曜日の景気指標は重要な記事です。

 このような記事は意思決定の際には、物差しの役割をしてくれます。

〈参考文献〉
「競争と公平感」/大竹文雄/中公新書
日税フォーラム「基礎から学ぶ資産運用」/講師・乾晴彦氏レジュメ
(2010/07/21・荻原秀樹)