【事務所通信バックナンバー】

日々の記帳のもたらすもの

今年は、新しくNPO法人を立ち上げた方の決算書作成に関わらせていただくことができました。ご自分たちの信念を貫き前へ前へと進んでいらしゃる姿にとても感動し、経理面でお役にたてるようにと張り切りました。

 日々の記録を会計日記帳につけていただきましたが、ここでもやはり複式簿記の力を実感いたしました。ただの金銭出納ではなく、複式簿記で記帳していくだけで、必要な様々な書類ができてしまうのだということに改めて感動しました。

複式簿記というと何か難しい感じがしますが、毎月巡回監査でお伺いさせていただく中で、いろいろな仕訳を覚えていただき、記帳していただけるようになるのはとても嬉しいものです。それは最初はひとつひとつ階段を登っていくような時間の流れであるかもしれません。しかし、一度身に付けば、たいへん力強い流れとなります。借方、貸方と考えることは少し骨が折れることですが、この点、TKCの起票用品はとても工夫が凝らされていてわかりやすいと思いますし、自計化システムなどもたいへんわかりやすく設計されていて負担が少ないと思います。

 私たちは、毎日生活していく中で、過去のことを思い返してみてもそこに戻ってやり直すことはできません。それ故に一日一日を大切にして時を過ごしていますが、会計帳簿もやはり同じで、事実を記すわけですから、過去の記録をその時点に遡って修正ということはやはりできないわけです。そうなるとひとつひとつ正確に、と心がけますからその積み重ねが次第に大きなパワーを生み出します。そして、月次巡回監査では、前月の会計帳簿を監査させていただきますが、この一月遅れというラインを守ることで、それがまたさらに大きな潮流となっていきます。古すぎるデータは先に進むための指針としてはふさわしくありませんし、「記録にまさる記憶なし」で作成していく会計帳簿は信頼性が高くなります。私たちはこのような理由で、月次監査に力をいれ、前月分(今は6月ですので、5月分の監査)の帳簿を見させていただいているわけです。お忙しいなか、毎月必ずデータを完成させていただいている関与先の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

 昨年秋よりTKCの『記帳適時性証明書』がスタートしました。新聞などでご覧になった方も多いと思います。「この証明書の添付された決算書は金融機関からの信頼度が格段に上がります」という紹介文です。このような証明書も上記のようなシンプルな取り組みの継続で発行に至ります。今回ご案内を同封させていただきましたので、詳細はそちらをご覧いただきたいと思います。

(2010/06/22・荻原幸子)