【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −芒種から夏至へ−

 ゴールデンウィークも終わり静かな日常が始まりました。暦の上では、すでに夏に入り、「夏も近づく八十八夜」と歌われた新茶ゆかりの季節も過ぎました。この通信がお手元に届く頃は、先月号で掲載させていただいた「小満」にあたり、「万物次第に長じて満る」の言葉通り、野山から畑から家々の垣根から、美しく成長した木々等を眺めるのはとてもすがすがしい気持ちがいたします。

 さて、六月に入り、季節は仲夏へ。

【芒種】
 二十四節気の一つ。陰暦五月の節、小満の後十五日、陽暦の六月六日頃に当たる。芒(のぎ)のある穀物を播く時期ということからきた言葉で、田植えの時期に入り、天候も次第に梅雨めいてくる。
(森澄雄)
『日本大歳時記 座右版』/講談社より
【夏至】
 二十四節気のひとつ。芒種のあと十五日目。陽暦の六月二十一日、二日ごろにあたる。太黄経は九十度。北半球では太陽はいわゆる夏至点にあって最も高くかがやき、一年中でいちばん日の永いときである。だが、実際には梅雨のさ中であるため、からりとした晴天に恵まれることはすくなくない。しかし、それ故にまた薄暮に独特の詩情があろう。この日、極地ではいち日太陽が地平に没することがないというが、北欧はもとより、北海道の北端に近いあたりでも、夏至白夜の趣を知ることができる。
(飯田龍太)
『日本大歳時記 座右版』/講談社より


 夏至ゆうべ地軸の軋む音少し  和田悟朗
『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より

 盛夏を迎える前のひとときの梅雨。雨の日は苦手という方も多いと思いますし、お仕事の面ではたいへん差し障りのあることと思います。私も雨の日は気持ちが沈みがちでしたが、ちょうど二十歳頃、友人がある雨の日、日本の雨の日の情景のいかに美しいかということを教えてくれ、それ以来、梅雨時にはその美しさを味わうこととしてきました。外でお仕事されている方には、いろいろとご苦労がおありのことと思います。梅雨時を迎えるにあたり、お健やかにお過ごしくださいますようお祈り申し上げております。


 ありとあるもの梅雨降る音の中  長谷川素逝
『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より


(2010/05/19・荻原幸子)