【事務所通信バックナンバー】

好奇心

 仕事と人生を探求する好奇心の電車に乗った。こうなれば電車を降りる終着駅まで仕事と人生を見極めたい。

 飯塚語録に下座業という言葉があります。

「心は須弥頂ねい(注)を踏み、行いは童子の足下を拝す」
(注)須弥山の頂上。須弥山は仏教で、世界の中心にそびえ立つ高山とされている。
 われわれは、何千何万の他人様の恩恵によって生かされている。それは単に人間の恩恵だけではなく、宇宙の大自然の恩恵をおしいだいているものである。一日たりとも空気を吸わずして生きることはできない。地下水なくして生きることはできない。太陽光線なくして生きることはできない。自分は己れの自由なる意思で生きていると思ったら、大間違いである。己は生かされているのである。こう思うなら、自然に感謝の念をいだくべきである。自分はいかにしてこの世のために報いるべきか、己の一日が、いかにしてこの世に、どれほどの価値をもたらし得るのか。
飯塚毅著作集T『会計人の原点』87頁より

 コップの中に古い水が入っていたら、葡萄酒を注ぐわけにはいかない。それをあけてしまわなけりゃ葡萄酒は注げない。自分の心にある古いものを空けて心をからっぽにすることを謙虚というんです。そのような謙虚さをいつでも持ち学びたいとおもいます。

 そして一日汗をかいて、苦労して今日もよく働いたと自分をねぎらいながら飲む一杯のビール。その瞬間こそ、生命のエネルギーが高まるのではないだろうか。

 働いて働き抜いていく必要があります。

(2010/05/19・荻原秀樹)