【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −立夏から小満へ−

 先日の雪は忘れていた冬の記憶を呼び覚ますようで、本当に不思議な感じがしました。桃の花はいつも茶色の大地に映えて美しい、といった感覚がありましたが、雪に覆われた白い大地に桃の花が浮かびあがる風景は初めて。春の淡雪にピンク、やはり美しくとても新鮮でした。

 そうはいうものの五月に入れば暦の上では夏。

【立夏】
 二十四気の一つ。陰暦四月の節で、穀雨の後十五日、陰暦の五月六日ごろにあたる。暦の上ではこの日から夏に入る。しかし北日本ではようやく桜が満開の時期である。また四月二十九日の天皇誕生日から(*注)五月五日の子供の日に至るゴールデンウィークのしめくくりにあたる。二十四気によれば、夏は立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑に分けられ、立夏は夏の初めである。
(森澄雄)

*注 出版年・昭和58年11月
 石の数が川音となり夏来る   大谷碧雲居
『日本大歳時記 座右版』/講談社より

 夏も『初夏』『仲夏』『晩夏』と分かれていて、それぞれの季で美しい日本の情景が楽しめます。それは子供の頃の記憶なども呼び覚まし私たちの心に奥行きが生まれます。

 ふいに子の遊びが変わり夏に入る   小澤克巳
『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より

 そして季節は進み、

【小満】
 二十四節気の一つで、新暦五月二十一日ごろにあたる。万物次第に長じて満つるの意。
  小満のみるみる涙湧く子かな   西山雅子
『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より

 今月は子供の頃を思い出しながら句を選んでみました。今年は、寒暖の差が激しい日々が続きます。どうぞお健やかにお過ごしください。

(2010/04/21・荻原幸子)