【事務所通信バックナンバー】

ホームページ再考

 当事務所のホームページは、2000年の7月に開設しました。今でこそ、ブログやツイッターといった即時性のあるものが一般的になってきて、誰もが気軽に情報発信できるようになってきていますが、当時はホームページを持つには作り方やアップロードの仕方を勉強したりして、色々なお膳立てが必要だったものです。当事務所でも、研修に参加したりして、手探りながらホームページを開設し、月1回のペースで更新してきました。

 当事務所のホームページも開設からまもなく十年が経とうとしています。十年ひと昔と言いますが、時代の移ろいの中で小規模の事業者でも独自のホームページを持つことはもはや珍しくなくなり、今や当事務所のページも検索結果のはるか下位に埋もれるような状態です。インターネットの世界の爆発的な拡がりを感じずにはいられません。

 当事務所のページには、開設当初から現在の形にリニューアルする2005年6月までの間は、山梨の名所などを紹介するページも設けていたのですが、リニューアル時にこの事務所通信の記事を中心に据えて全ての記事を掲載しようという方針に改めたため、画像が多く容量を食う山梨の名所のページは削除することとしました。それ以来は、記事を掲載することに重きを置いたため、税務や会計に関心のある方が、調べもので検索結果を辿って訪問されるケースが多くなったように思います。これはこれで一つの成果でもあったのですが、内容が堅く、やや味気ないものになってしまったように思います。

 十年前は、当事務所の関与先でホームページを開設されている所はほとんどいらっしゃらなかったと記憶していますが、今ではホームページを開設されている所もかなり多くなってきました。当然、営業販促ツールとしての効果を期待されてのものでしょうが、事業に関することだけでなく、日常の個人的な出来事も綴ったブログを併設されていたりして、より広く興味や関心を引く工夫をされているようです。右肩上がりの経済を期待できない今、利益確保に奔走しながらも、ただ利益追求のみに走ってもだめ、ということでしょうか。事業を営むということが、日々の生活の中の何処に位置し、誰と(何と)関わり合っているのか。企業や事業所も、個人と同じく「社会の一員としての存在」という意識の高まりがあるように思います。

 私自身も、昨年末のTKC経営革新セミナー2009では、以前のセミナーとは違う発想を得ることができました。それまではセミナーの目的というと、現在関与しているお客様との結びつきを強め、さらには新規顧客獲得…といったところが念頭にありました。しかし、そういう発想から少し離れて、様々な方に税務会計や経営というものに触れていただき、税理士事務所(会計事務所)って一体何をしているところなんだろうとか、最初は興味本位でも良いから、とにかく足を運んでいただくことに意義があるのではないかと思うようになりました。セミナーでお話しするのは商売の事とは言え、商売っ気抜きで地域の皆様と顔を合わせる機会を持つこと自体に価値があるのではないか、と。

 十年目の区切りを迎える当事務所のホームページにも、そういった視点で、地域の情報や個人の活動など、事業に限定されない内容をお届けできるようなものにならないかと考えています。手始めに、以前掲載していた山梨の名所のページを復活させる計画です。利潤の追求は営利企業なら当然の事ですが、このホームページ作成を通して、それとは少し違った視点から事業活動というものを捉えてみたいと思います。

(2010/05/19・相原愛紀)