【事務所通信バックナンバー】

歳時記 ものみな生き生きとする季節 −清明から穀雨へ−

【清明】
 二十四節気の一つ。陰暦三月の節で春分から十五日目、すなわち四月十五日ごろにあたる。清浄明潔の略ともいわれ、東南風の吹く春のよい季節という意味である。中国では清明に、墓参や踏青をする行事が行われ、七月十五日の中元節とならぶ大切な行事である。わが国でも、このころは花の季節で、ものみな生き生きとする頃である。
(山田みづえ)
【穀雨】
二十四節気の一つ。陰暦では三月中、清明の後十五日、すなわち四月二十一日頃にあたる。雨が百穀をうるおし芽を出させるという意であるが、このころ雨量が多くなるわけではない。出そろった野山の新芽も、暖かい雨にぬれて育っていく。
(野澤節子)
清明につづく穀雨のよき日かな 川崎展 『日本大歳時記 座右版』/講談社より

皆様どうぞお健やかにお過ごしください。

(2010/03/23・荻原幸子)