【事務所通信バックナンバー】

自己申告と税務代理

 2009年11月・186号の記事『税を考える週間』では、いつもとは少し違った視点から税について考えてみましたが、やはり確定申告があるこの時期には、税への関心がいつにも増して高まります。私も、お客様からのみならず、親族、友人・知人からも質問をいただく機会が増えるのはこの時期、という感覚があります。実際今年も、母の医療費控除の申告を手伝ったり、友人にも医療費控除や電子証明書特別控除についての質問に答えたりしました。

 この紙面でも何度か採り上げてきたように、給与所得のみのいわゆるサラリーマンのように自ら税務申告をする機会がない方にとっては、医療費控除や住宅ローン控除でもない限り、税についてなかなか関心を持つことはないかもしれません。私はこの仕事に就いて税について詳しく知ることができましたので、申告すべき所得があるときは自ら確定申告しなければならない、ということを半ば当然のことのように考えてしまいがちになりますが、この時期に税についての質問をいただくと、そもそもご自身に申告すべき所得があることや、申告すれば戻る税金があることをご存じない方も多くいらっしゃるのではないかということを改めて実感します。

 年末調整は必ず税金が返ってくるものである、との誤解もその一つで、これについては2005年7月・134号の記事『税のコラム―源泉所得税』でも書きました。一部を採録します。

「年末調整で税金が戻ってくる」とよく言われますが、戻ってくるとは限りません。年末調整というのは、給与所得のみの人のための「ミニ確定申告」のようなもので、あくまでもその年の税額を確定させるためのものであって、お金を返すという前提でやっている訳ではありません。むしろ税金を納めるためにやっていると捉えた方が良いかもしれません。年末調整とは、給与所得者ごとの「年税額を確定」し、確定した年税額と毎月天引きされていた源泉徴収税額との「差額を調整」するものです。全般的な傾向として、天引きしていた額の方が大きいことが多いので、「戻ってくるもの」だと考えている方が多いようですが、天引きしていた額が年税額より少なければ、逆に徴収されます。還付ではなく徴収という結果になったとき、「何故戻ってこないんだ」「何故改めて引かれるんだ」というご質問をいただくことがあります。戻ってくれば気分が良いし、引かれるとなれば気分が悪いというのは心情的には分かりますが、決してそこで損得が発生した訳ではありません。その人の年税額が収入と諸控除によって決定されているだけなのです。

 確定申告も同じ事で、年税額を「確定」することによって、結果、税金を納めることになったり、還付してもらうことになったりするだけなので、最初から納めるあるいは還付されるという前提ありきという事ではないのです。もちろん申告する当人は当初からどちらかのつもりで申告書を作成するわけですが、ご自分で申告をされたことが一度もない方にとっては、そこのところこそが未知の世界。そもそも申告ってどういうときにするの?課税の仕組みや税額の計算方法は?今まで給与から引かれてた分はどうなっちゃうの?納めるときはどこへ行けばいいの?何がどうなって税額が確定しているのか―そういった素朴な疑問や質問をいただいて、私も自分がいかに「思い込み」や「業界の常識」といったものに囚われているのかを思い知らされることになります。その意味で、この時期は「業界ずれ」した感覚をリセットできる良い機会でもあります。

 私たちの仕事は税務代理ですが、その本質は分かりにくい税務と納税者の方々の橋渡し役と心得ております。橋を渡るのはあくまでも納税者ご本人です。納税者の皆様一人一人が、その内容を自分自身でよく理解される必要があります。私たちが手を出しすぎて、時に納税者の税についての理解を奪ってしまっているのではないか、と反省することもしばしば。この紙面は、関与先や関係機関の皆様にしかお届けしていませんが、記事は事務所のホームページにも掲載しています。それは広く納税者の理解に役立ってくれることを望んでという側面もあります。当事務所では電子申告をしておりますので、紙の申告書を目にする機会はすっかり減りましたが、電子申告制度が始まる以前は、「申告書は自分で書いて提出を」という文字をよく目にしました。これには申告ができるのは本人(またはその委嘱を受けた税理士)しかないという法律的意味の他に、自分の経済活動は自分自身が一番よく知っているはずであり、そうであるべきだ、との意味もあるように思います。

 さて、母の申告はどうなったかと言いますと、自分で医療費やその他の書類をまとめてもらい、さらに必要事項を書き出してもらったものを元に、私が国税庁のホームページでデータ入力し印刷した申告書を持たせ、提出に行ってもらいました。友人も、無料で住基カードを取得したきっかけから、自宅のパソコンでe-Taxによる電子証明書特別控除に挑戦し、併せて医療費控除も受け、こちらも無事申告を終えたとのこと。この事務所通信と同時に確定申告書控えをお届けする関与先様も多いのですが、今一度ご自分の申告内容についてご理解を深めていただくべく、お手元の申告書控えをご覧いただければと思います。

(2010/03/23・相原愛紀)