【事務所通信バックナンバー】

確定申告期を終えて

 本年も無事確定申告期を終了することができました。皆様のご協力に心より感謝申し上げます。

 毎年この時期に原稿を書かせていただくので、同じような話になりますが、3月15日を過ぎると急にあたりの風景が目の中に飛び込んで来て、春爛漫の景色に驚くばかりです。これは、「ああ、これほど仕事に打ち込んで来たのか」と見るべきか、はたまた「あまりに狭い頭の中!」と嘆くべきか、春の景色はやさしく私を包んでくれます。

 昔は、確定申告のソフトを使うのにも二枚のFDを交互に入れたり、いくつものシステムを立ち上げては閉じての連続で、ずいぶん遠回りをしてやっと目的地に―といった感じの時代もありました。その頃のコンピューターはたいへん高価でしたが、今から思うと処理速度なども今とは比較にならないほどの性能でした。

 そんな昔を思い浮かべると、IT化の進んだ2010年の確定申告は、様々な面で効果的に仕事を進めることができます。毎年レベルアップされるシステムには、開発の方はじめ多くの方の「よりよいものを」という気持ちがこめられていることがわかり、安心して作業をすすめることができます。まさにTKCシステムならではと感謝の気持ちでいっぱいです。

 当事務所では、2010年、複合機導入をきっかけに、電子ファイリング等に真剣に取り組んでいきます。電子帳簿、電子申告と進んできた道をさらに発展させての道筋。所内合理化により皆様にご提供できるものの質を高めるべく意欲的に取り組んでいきたいと思っています。ひとつひとつの実践は大変かもしれませんが、大きな流れとできるよう頑張りたいと思います。私は50歳を過ぎた時に「恥ずかしいと思う気持ちを捨てよう」と決めました。そして、わからないことを教えてもらったり、新しいことに挑戦しようと試みたりすることにしています。この電子ファイリングにしてもそんな気持ちで、必ずや成功するよう頑張っていきたいと思っています。

 今後とも皆様からも色々とお教えいただき進んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

(2010/03/23・荻原幸子)