【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −雨水から啓蟄へ−

 暦の上で春となっても寒い毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。曇りや雨の日が続き、光あふれる春の待たれる今日このごろですが、一方でこの不安定さこそが、春の真髄といった感じもします。胎動というか、何かに向けて心の底から沸き上がってくるような強い意志、実現に至るまでには遠いが、自分のなかからほとばしり出る感覚。このような感情こそ今の時期にふさわしい気がしています。

 今月は歳時記より−雨水そして啓蟄−を引用してみました。

【雨水】
 陽暦二月十八、九日。雪が雨に変わる、雪や氷が解けて水となる、という意から雨水と呼ばれた。しかし実際に雪が降りやすいのは、立春・雨水の頃であろう。この頃から農耕の準備にも力がはいるのである。〈一部抜粋〉 (山田みづえ)
落ちてゐし種ふくらめる雨水かな 滝沢伊代次
『日本大歳時記 座右版』/講談社より
【啓蟄】
 二十四節気の一つで、新暦三月五日ごろにあたる。暖かくなってきて、冬眠していた蟻・地虫・蛇・蛙などが穴を出るころとされる。
啓蟄の土著けて蟻闘へり 鷹羽狩行
『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より

 冴え返り冴え返りつつ進む季節の中で自分との闘いをくりかえし、春分にむけて歩んでいきたいと思っています。今月もどうぞよろしくお願いいたします。

(2010/02/17・荻原幸子)