【事務所通信バックナンバー】

数字が意味するもの

 会計事務所の仕事は、数字を組み立て加工することです。

 その根底に自利利他・先見性・洞察力・退路遮断・租税正義等の理念があります。TKCの理念は会報や研修会で何回も確認してきました。テクニックに走ってはいけません。

 日常の仕事で数字に注意を払うことは単調で退屈な、決まり切ったことの繰り返しであるかもしれません―苦行でもあります。

 関与先の会社のことをもっとよく知りたければ、より多くの資料から数字を相手にしなくてはならない。数字相手の苦行は、じつは自由への過程なのだと思っています。

 くる週もくる週も、くる月もくる月も、そうした数字の行列とつきあっていると、記憶とそれへの親近感が増幅され、その会社で起こっていることの生き生きした構図が将来起こる可能性のあることと重なって、頭の中で合成されてくるような気がします。

 数字をマスターしてしまえば、それを読むことは普通の字や文を読むのと変わりなくなるような気がします。

 数字をとおして読むことを学びさえすれば、現に計画したりするあらゆる物事が、見ようと努力しなくてもひとりでに見えてきます。

 だが、そうなるまでには、さんざん苦労しなくてはならないではないか、といわれるかもしれません。

 しかし、それはなにをマスターするにも必要なことではないでしょうか。

 実際どの部分かが期待どおりのことをやっていないときは、その事を遅滞なく、十分に詳しく気付いて、それにもとづいた数字の背後に回って、どこをどうしなくてはならないかを正確に分析できるようにしてくれる管理方式を確立できさえすれば、だれでも会社を前進させ、成長させ、利益を上げる経営ができるはずです。

 そのようなことをサポートできる会計人の仕事に生きがいを感じています。

〈参考文献〉
 『プロフェショナルマネジャー』ハロルド・ジェニーン/プレジデント社


(2010/02/17・荻原秀樹)