【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −大寒から立春へ−

 いよいよ二十四節気も晩冬に入ってきました。「大寒は、一月二十日ごろから十五日間をいう」ということで、一年で最も気温が低い時期とされています。

大寒と敵のごとく対ひたり 富安 風生  そして時は進み、
【立春】
 節分の翌日にあたり、新暦の二月四日ごろ。暦の上ではこの日から春になる。寒気のなかにもかすかな春の兆しが感じられる。
『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より


むらぎもの心に遠く春立ちぬ 大野 林火
『日本大歳時記 座右版』/講談社より

 訪れる春を心待ちに寒さと闘って行きましょう。どうぞお健やかにお過ごしください。

(2010/01/20・荻原幸子)