【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −冬至−

 寒さが厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。いよいよ年の瀬を迎えることとなりました。慌ただしく過ぎる毎日の日の暮れの早さには驚くばかり。しかし冬至を境として長くなる日の中には、「寒さ」とはいいながらも光の春に向けて一歩一歩進んでいく希望が感じられます。どうぞお健やかにお迎えらになられる新年、初春でありますようお祈りしております。

【冬至】 一陽来復
 二十四気の一つ。(中略)陽暦十二月二十二、二十三日ごろに当たり、太陽黄経がちょうど二七〇度になる。この日、太陽は北半球から最も遠ざかり、北半球の温帯地方では太陽高度が最も低く、昼間の時間の最も短い日である。この日を境にまた日が長くなってくるところから「一陽来復」と称する 。また、冬至のころは実際に寒気の厳しくなり出す季でもあるので「冬至冬なか冬はじめ」といったりする。この日、粥・ 南瓜・蒟蒻などを食べる習慣がある。 (野澤節子)
『日本大歳時記 座右版』/講談社より

一陽来復雑木林に射す薄日    棚山波朗

『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より

(2009/12/18・荻原幸子)