【事務所通信バックナンバー】

一年をふりかえって

 今年もご厚情を賜りましてありがとうございました。

 厳しい世相のなか少しでも皆様のお役に立てるようにと考えてやってまいりました。そうはいうものの自身の力不足を常々実感しており、その溝を埋めるべく努力しなくてはと思いながら、また年末を迎えております。

 本年は、研修会に数多く参加することができ、たいへん勉強になりました。研修会で得た知識は、そのとき感動しても日々遠くにいってしまいがちですので、毎月それらの資料を宝物のように見返して、自分の本当の力とできるようにしていきたいと思っております。 研修会といえば、税務にかかわることばかりではなく、ビジネスにおける心がけについてのセミナーに参加することができました。その中で、人の心には、70〜80%の思い込みや先入観がある、ということを学びました。〜だからできない、といった発想にそういえば長年支配され続けてきたような気がしている私ですが、本当に自分が正しいと思えば、そのことに向かって進んでいきたい、進んでいくべきだ、と実感できた一年でした。それは自己発見元年とでも名付けるくらい大きな変革でした。

 また、休日に個人的に参加した研修会でしたが、元NHKアナウンサーの加賀美幸子さんの講演『心を動かす言葉』の中で、「笑う角には福来るといいますが、福→幸せとは何かということを考えて白川静著『常用字解』をひいたところ、幸とは拷問に使う道具で手かせのこと、と出ていてたいへん驚きました。この字は拷問で命を落とすかもしれなかったところ、手かせ足かせ程度で済んでよかった、と解放された喜びが語源なんですよ。自分の名前の由来がまさかこんなこととは思ってもみませんでした。幸せとは、あれこれ求めるのではなく、このような発想でありがたい、と受け止めるものだったんですね。」と話されました。私の名前の漢字も同じだったので、この幸の意味に深く感銘を受けました。

 本年もたいへん厳しい世相ではありましたが、ともすればくじけそうな心をこのような気持ちで乗り越えてくることができました。そして、やはりたいへんな世相のなかともに取り組んでいただいている関与先の皆様、そして応援いただいた方々、そして事務所内においても感謝の気持ちでいっぱいです。本年もどうもありがとうございました。

(2009/12/18・荻原幸子)