【事務所通信バックナンバー】

「会計」を通して

 現在、我が国の経済は、より厳しい局面を迎えつつあります。戦後の「高度経済成長」と呼ばれた時代―私が生まれた1970年代辺りまで―は、黒字企業と赤字企業の割合は、およそ7:3であったそうです。この割合は、80年代辺りには半々となり、90年代から2000年以降は、赤字企業が7割超という状況に。半世紀のうちに、「大抵の人は儲かる」時代から「大抵の人は儲からない」時代になってしまったわけです。私が社会に出たのが、いわゆるバブル経済がはじけた後でしたが、それでも当時は名残があったのか、今よりも明るさはあって、もう少し楽観的なムードが漂っていたように思います。

 話は変わりますが、「会計」の歴史は、どれくらい昔に遡ると思いますか。現在の帳簿形式である複式簿記は、15世紀のヨーロッパ・イタリアに起源があるとされており、紀元前3000年のエジプト・ピラミッドの遺跡からは、単式簿記の形式ながら帳簿が発見されているそうです。人間は随分と長い間、「会計」という叡智を培い、利用してきたことが分かります。そんなにも古い時代から必要とされてきた「会計」には、どんな意味があるのか。現在では、税務申告のためとか、投資家への情報開示のためとか、明確な理由が挙げられそうですが、税務署も株主もなかった時代から会計が必要とされてきたのは、つまるところ、自分達の経済活動を客観的に顧みるためではないでしょうか。この事務所通信にも何度か書いてきましたが、「心に対象物のない状態」を維持するのは案外難しいもの。「経験」「実績」「自信」は、時に「思い込み」となって、自分の目を曇らせ、判断を狂わせることになります。冒頭にも書いたように、現在はほとんどの人が儲からない時代。だからこそ今「会計」を見直そう、とは敢えて申しません。ほとんどの人が儲かっていた時代にも、会計は必要だったはず。もちろん時代を読む力も必要ですが、基軸となるところをコロコロと変えるやり方が良いとは思えません。どんな時代にあっても、根と幹は、どっしりとしていてほしいもの。水や肥料が必要なのか、枝振りを整えるのか、収穫の時はいつか、そういった判断に必要なのが「会計」です。

 2004年以来、当事務所では毎年『経営革新セミナー』を実施してきました。そのセミナーでもお話ししたとおり、売上は企業存続の必要条件。営業・販売・生産といった経営実践が優先的に行われるのは必然ですが、管理部門たる会計を学び、利益確保に努めることで、企業存続の十分条件を満たすことができます。お忙しい社長さんが、現場を離れて座学に時間を割くことは難しいと承知してはおりますが、机上の空論と片付けず、理論武装と捉えて、是非こういった機会にご参加いただきたいのです。経営には、勘や運といったものも大きく作用してくるとは思いますが、一方で理論に裏打ちされたものがあるのは間違いなく強みです。「会計」―それ自体はさして面白みのあるものではないかもしれません。しかし理解を深めることによって、今までとは違うものも見えてくるはずです。今自分が見ているものは何なのか、その見方自体は正しいのか、「会計」を通して、自分自身へ経営の報告をしてみませんか。

 この記事を準備している数日間で、寒さも一気に厳しくなってきました。この時季には「お体ご自愛下さい」と結ぶことが多いですが、人のみならず企業も健康管理を万全にして厳しい寒さを乗り切りたいものです。今年も一年、有り難うございました。

(2009/12/18・相原愛紀)