【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −大雪(たいせつ)−

 寒さの身に滲みる今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申しあげております。

 柿の実が色づき、軒端には枯露柿がつるされ一面のすだれがたいへん見事です。峡東地方の風物詩として冬の到来を感じさせます。そして、木守りとして残された柿が木にひとつ。今年もご苦労様、ありがとうございます、と声をかけたくなるような風情です。

 この事務所通信がお手元に届く頃はちょうど 小雪 〜新暦11月22日ごろ。

『小雪』
 二十四節気の一。太陽黄経が240度に達するときである。暦に、「小雪」「大雪」とあるが、「雪」とあっても山沿い地方や北日本以外の地方では、まだ雪が降るに至らない。寒さまだ深からず、雪まだ大ならざるの意。すなわち、格別寒くも、また暖かくもなく中ほどの気候である。 (野沢節子)
『日本大歳時記 座右版』/講談社より

 遠くで雪のたよりは聞いてもまだまだ過ごし易い季節といえます。そして12月に入り

『大雪』
陰暦十一月の節で立冬より三十日後、小雪より十五日後に当たり、陽暦十二月七、八ごろの季で、太陽黄経が二五五度に達するときである。このころになると大陸の高気圧が優勢となり、そのたびに南国でも霜がおりたり、中部地方の平野部に初雪が降ったりする。雨が寒気にこり固まって雪となるゆえ、大雪というなりと古人は誌している。 (野沢節子)
『日本大歳時記 座右版』/講談社より

 同じ雪のつくものでも15日後の大雪ともなるとかなり寒くなるのだということがわかります。12月に入ると西高東低の冬型の気圧配置が強まってきて、冬型の天気図となります。このころになると仕事の上でも一年の総まとめをしなくてはなりませんし、気になるのは大掃除。何をもっても健康でこの月をのりきらなくてはなりません。そんな12月のことを考えると気が重いのは誰しも同じだと思いますが、そんなことから考えると11月の残りの日々は天からの贈り物。小春日和の日々を楽しみ、心にゆとりを持ちたいと考える今日このごろです。

 今月の俳句は、

大雪や暦に記す覚え書き         椎橋清翠
『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より

 皆様どうぞお健やかにお過ごしください。

(2009/11/20・荻原幸子)