【事務所通信バックナンバー】

税を考える週間

 みなさんは「○○週間」と聞いて、何を思い浮かべますか。「交通安全―」「火災予防―」「黄金―」あたりが一般的でしょうか。まだ今ひとつ周知はされていないようですが、国税庁では、昭和49年より、毎年11月11日から11月17日を『税を考える週間』と定め、税に関する広報活動を行っています。この紙面をご覧のみなさんは、日々事業を営まれているので、特に意識せずとも“税”に触れていると思いますが、そうでない方は、税について考える機会を持つことは少ないかもしれません。普段から税に関心を持っている人も、そうでない人も、税を職業としている私たちも、改めて税を考える機会にする。そんな週間として、広く根付けば良いと思います。

 この『税を考える週間』の初日、平成21年11月11日の山梨日日新聞に、「納税IT化へ役割探る」として、税務関係者の座談会が一面を割いて掲載されていました。この『税を考える週間』には、年度毎にテーマが設けられており、21年度のテーマは「IT化・国際化と税」。国際化という点においては、私たちの扱う案件ではほとんどないのですが、IT化という点では、電子申告を実施しているということもあり、以前に比べ随分変わってきたな、という印象があります。先月号でもお伝えした「ダイレクト納付」も税のIT化の一つ。紙の申告書を税務署に提出し、納付書を金融機関に持参する―そんな作業が、今や居ながらにしてパソコンを使ってデータ送信するという形になりました。子供の頃に未来の世界として描かれていたことが、今まさに現実のものとなったのです。

 奇しくも、同日の山梨日日新聞の1面には、「横内知事 森林税導入を明言」との見出しで、森林環境税導入についての記事が載っていました。この税の導入検討の背景には、森林・水源保全の目的があるようですが、あらゆる場面で「環境」が着目される中で、他県においても同様の税制の創設は多いようです。さらに俯瞰で見ると、このような新税導入の背景には、長引く不況の影響による税収不足を補う、というところもあるように思います。IT化、環境保全、不況―その時々の時代背景を受けて態様を変える税。時代を映す鏡として“税”を捉えてみるのも面白いかもしれません。

〈参考〉
 □国税庁HP
 └■税を考える週間
(2009/11/20・相原愛紀)