【事務所通信バックナンバー】

最悪の病―エゴチズム

 私が読んでいた本に元ITT顧問責任者ハロルド・ジェニーン氏の書いた『プロフェショナルマネジャー』という本がありました。株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長柳井正氏が田舎の本屋さんでたまたま見かけバイブルにしたような本です。

 その中の第八章「最悪の病―エゴチスム」という題名の章があります。

 人は失敗から物事を学ぶのだ。成功からなにかを学ぶことは滅多にない。
 たいていの人は、失敗の意味を考える以上の時間をかけて成功の意味を考えようとはしない。完全に正常で分別のある謙虚な人びとが、それまで経験したことのない大きな権限を伴った地位についたとたんに狂ってしまった例を見てきた。
 そうした人々は、本当は新しい地位の出発点に立っただけなのに、ゴールインしたと錯覚してしまったのだ。
 そんなわけで、しかるべき地位についた各人が、基本的な心構えとして自分に問うべきことを整理すると、次のようになる。

 おまえは成功を上手に扱うことができるか?
 エゴチスム・ビールスに対して自分を守ことができるか?
 追従者のへつらいや称賛を、適切な距離もって眺めることができるか?
 会社でのおまえの地位の快適な面を、おまえが直面させられている、不快かもしれない、より現実的な問題のために放棄することができるか?

 成功は失敗よりずっと扱いにくいもののように思える。
 なぜなら、それをどう扱うかは、まったく本人しだいだからである。

 風邪のウイルスが蔓延しているが私たちのまわりにもエゴチスムのウイルスにかかったひとが多くいるようです。しかし、それにかかったとは気づくことができない人が多いと思います。予防するにはたえず自分を見つめ、謙虚な気持ちを持ことが必要だと実感させられました。

〈参考文献〉
『プロフェッショナルマネジャー58四半期連続増益の男』/ハロルド・ジェニーン/プレジデント社
(2009/11/20・荻原秀樹)