【事務所通信バックナンバー】

歳時記 −立冬−

 日ごとに肌寒さを感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃のご厚情心より感謝申しあげております。

 この事務所通信がお手元に届く頃はちょうど 霜降―新暦10月23日ごろ。霜が初めておりる意から―にあたると思います。夏の間外に出していた鉢植えなどもそろそろ中へなどと気にかかる頃です。

 そして晩秋の最後霜降を過ぎ、季節は冬へ。

 冬は暦の上では、立冬(11月7、8日ごろ)から立春(2月4日ごろ)の前日である節分まで。陰暦では10・11・12月。陽暦では11・12・1月、そして気象学上では12・1・2の三月を冬と定めているということです。

 さて『立冬』は解説によると、

二十四節気の一。陰暦十月の節で、霜降の後十五日、陽暦十一月七日か八日ごろに当たる。この日から冬に入るわけだが、冬の季節風が本格的に吹き出すのもこの頃だし、日ざしも弱まり、日の暮れるのも早くなる。冬を迎える緊張感を心に覚える。 (森澄雄)
『日本大歳時記 座右版』/講談社より抜粋引用

 今年の立冬は11月7日。各地から紅葉のたよりなどが盛んに届くころだとおもいますが、暦上はこの日から冬。気象学上の冬とずれがあるので、なかなか実感しにくいかもしれませんが、心のなかに冬を感じて過ごしていくのは良いなと思います。毎年の慌ただしい師走を迎えなくて済むように冬への移り変わりを楽しみながら会計事務所の繁忙期を健康でゆとりを持って乗り切りたいと考えています。インフルエンザも気にかかるところです。皆様もどうぞお体を大切になさってください。

 今月はこの句を選んでみました。

投函の封書の白さ冬に入る    片山由美子
『合本 俳句歳時記 第四版』/角川学芸出版より

 2009年の残りの日々の益々のご発展をお祈り申し上げております。

(2009/10/21・荻原幸子)